Androidデバッグ証明書にリリース用証明書を使う

  • 34
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

アプリ内課金のテストをしたいときなど、リリース署名アプリで実行しないとだめな場合がありますが、それだとブレークを貼ってデバッグ実行するのが、署名済みapkをエクスポートして、端末にインストールして、アプリ起動後にDDMSでプロセスにアタッチして・・・となって手順が増えて面倒!かつ、起動時の処理にブレークを貼ることが出来なくていろいろと不便です。

そこで、デバッグ証明書をリリース用証明書で置き換えます。

ただ、そのままでは使えません。
デバッグ用の情報に置き換えてやる必要があります。

1 リリース用証明書を任意のディレクトリにコピーする。

ここでは、コピーした証明書ファイル名をmyDebug.keystoreとしたとします。

2 ストアパスワードの変更

keytool -storepasswd -keystore myDebug.keystore

デバッグ署名に必要なパスワードは、
android
です。

3 エイリアスの変更

keytool -changealias -alias [現在のエイリアス] -destalias androiddebugkey -keystore myDebug.keystore -storepass android

[現在のエイリアス]は、リリース用証明書に作ったエイリアス名を指定してください。
キーパスワードを聞かれるので、証明書を作ったときに指定したキーパスワードを入力します。

4 キーパスワードの変更

keytool -keypasswd -alias androiddebugkey -keystore myDebug.keystore

最初に聞かれるのはストアパスワード(android)、次に聞かれるのが古いキーパスワード、続いて新しいキーパスワードを2回入力します。

新しいキーパスワードは、
android
です。

5 デバッグ証明書を置き換える

・Eclipseでの方法

環境設定の「Android」-「Build」で、「Custom debug keystore」に作成したキーストアファイルを指定する。

・AndroidStudioでの方法

build.gradleに以下のように記述する。
(keystoreファイルのパスは、自分の環境に合わせて適宜変更のこと)

build.gradle

signingConfigs {
        debug{
            storePassword "android"
            keyAlias "androiddebugkey"
            keyPassword "android"
            storeFile file('myDebug.keystore')
        }
}

参考サイト様
http://cohakim.com/archives/4204