Help us understand the problem. What is going on with this article?

LaravelでCSVする方法

はじめに

FuelPHPには Format:forge($array)->toCsv() という感じで配列からかんたんにCSV用の文字列を生み出すことができたのですが、Laravelにはありません。
http://fuelphp.jp/docs/1.9/classes/format.html

それくらい foreach でぐるぐる回せやってのはあるのでしょうけど、めんどくさいじゃないですか。
そこでいい方法がないかなって探してみました。

soapbox/laravel-formatter を入れる

まあ、だいたいこういうものはpackagist漁ればいいのがありそうなもんなんですよ。
Laravel用じゃなくてもいいのですが、Laravel用だと5.5以降ならServiceProviderにいちいち登録しなくても使えるのがいいですよね!

というわけで今回は soapbox/laravel-formatter というのを使ってみます。
https://packagist.org/packages/soapbox/laravel-formatter

こいつを composer require しましょう。

$ composer require soapbox/laravel-formatter

これでLaravel内で Formatter として使えるようになっているので、あとは以下の感じで行けるはずです。
基本的には連想配列のキーがそのままラベル行として使われるので、DBから引っ張ってくるときにカラム名をas使って日本語とかにすると使いやすいと思います。

use SoapBox\Formatter\Formatter;

class HogeService
{
    public function makeCsvData()
    {
        $list = $this->hogeRepository->listForDownload();
        $formatter = Formatter::make($list->toArray(), Formatter::ARR);

        return $formatter->toCsv();
    }
}
layzy_glp
「れいじてんてー」とも呼ばれる金髪のヤ○ザなぺちぱー。心はフロントエンドエンジニアのつもりです。アイコンは話題のアプリで美少女化した本人です。なお実物は(ry
https://note.com/goki_imayama
boomtechcafe
埼玉県の朝霞台を拠点にエンジニアの勉強会、交流会等のイベントを企画しています! 朝霞台駅か北朝霞駅が全然行けちゃうぜってエンジニアの方がいたら是非! もくもく会とかゲーム大会とかもやれたらな~って思ってます。
https://boom-teck-cafe.connpass.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした