AWS
Blockchain
Ethereum
solidity
DApps

AWSがリリースしたブロックチェーンフレームワーク「AWS Blockchain Templates」は何がスゴイのか

2018年4月21日 アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワーク「AWS Blockchain Templates」をリリースしました。

AWS Blockchain Templates

AWSがブロックチェーンフレームワークをリリースしたことによる、開発者サイドの利点について以下のとおり調査しました。


1.結論

クラウドシェア世界No.1であるAWSが、ブロックチェーンフレームワークをリリースしたことによる市場へのインパクトは大きい。

AWS上で、ブロックチェーンの環境構築、アプリケーション開発、アプリケーションのリリースまで一気通貫でできる。

AWS Blockchain Templatesは、EthereumとHyperledger Fabricの2つのフレームワークから選択できる。

AWS Blockchain Templatesは無料で利用できる。必要なコストは、ブロックチェーンネットワークを運営するために必要なリソースのみ。


2.「AWS Blockchain Templates」の特徴

(1)Amazon ECSまたはAmazon EC2インスタンスにブロックチェーンネットワークをすばやく導入し、Solidityによるアプリケーション構築に集中できる。

(2)EthereumとHyperledger Fabricの2つのフレームワークから選択できる。

各フレームワークは、分散コンセンサスアルゴリズム、スマートコントラクト機能、およびアクセス制御機能を提供する。

(3)管理ツールとして、ブロックチェーンを管理、監視、参照するための追加コンポーネントが含まれている。

(4)AWS Blockchain Templatesには追加料金はかからない。ブロックチェーンネットワークを運営するために必要なリソースに係る費用だけでOK。


3.用語の整理

(1)ブロックチェーンとは


ブロックチェーン(英語: Blockchain)とは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである。ビットコインの中核技術(サトシ・ナカモトが開発)を原型とするデータベースである。

ブロックチェーン


(2)Ethereumとは


イーサリアム(英: Ethereum)とは、分散型アプリケーション (DApps) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称である。イーサリアム・プロジェクトによって開発が進められている。

イーサリアムでは、イーサリアム・ネットワークと呼ばれるP2Pのネットワーク上でスマート・コントラクトの履行履歴をブロックチェーンに記録していく。またイーサリアムは、スマート・コントラクトを記述するチューリング完全なプログラミング言語を持ち、ネットワーク参加者はこのネットワーク上のブロックチェーンに任意のDAppsやスマート・コントラクトを記述しそれを実行することが可能になる。ネットワーク参加者が「Ether」と呼ばれるイーサリアム内部通貨の報酬を目当てに、採掘と呼ばれるブロックチェーンへのスマート・コントラクトの履行結果の記録を行うことで、その正統性を保証していく。このような仕組みにより特定の中央管理組織に依拠せず、P2P全体を実行環境としてプログラムの実行とその結果を共有することが可能になった。

Ethereum


(3)Hyperledger Fabric(ハイパーレッジャーファブリック)とは


Hyperledgerプロジェクトの1つであり、ブロックチェーンフレームワークを実装した分散型元帳ソリューションプラットフォーム。

Hyperledger Fabric


(4)DAppsとは

DAppsとは、Decentralized Applicationsの略。

DApps(分散型アプリケーション)は、ブロックチェーンを用いた非中央集権的なアプリケーションのことを指す。

(5)スマート・コントラクトとは


スマート・コントラクト(Smart contract)とは、契約のスムーズな検証、執行、実行、交渉を意図したコンピュータプロトコルである。スマート・コントラクトには第三者を介さずに信用が担保されたトランザクションを処理できるという特徴がある。ブロックチェーンおよび暗号通貨の主要な用途の一つでもある。

スマート・コントラクト


(6)Solidityとは

Ethereum(イーサリアム)上で動くスマートコントラクト開発の言語。


4.アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリースした背景と影響度

(1)2017年7月27日時点

クラウド市場の世界シェアは、1位AWS 34%、2位Microsoft 11%。


米調査会社のSynergy Researchは2017年7月27日、第2四半期の世界のクラウド市場のシェアを公表しました。

世界のクラウド市場はAWSがシェア34%で独走、Microsoftが11%で追いかける。

クラウド市場の世界シェア


(2)2017年8月10日 

Microsoftは、ブロックチェーンフレームワーク「Coco Framework」を発表

Coco Framework

(3)2017年12月末時点

イーサリアム(Ethereum)の共同設立者ジョゼフ・ルービン(Joseph Lubin)氏は、「現時点でブロックチェーンに本腰を入れている国際IT企業はマイクロソフト(Microsoft)のみ」とフォーブス誌の取材で語っている 。

AppleやAmazon「ブロックチェーンに興味なし」 本腰入れているのはMSだけ?

(4)2018年4月21日

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

AWS Blockchain Templates

ブロックチェーンフレームワークではMicrosoftが先行していました。

今回、AWSがブロックチェーンフレームワークをリリースしたことによって、ブロックチェーン技術を活用したアプリ開発の裾野が広がりそうですね。


5.AWS Blockchain Templatesは、ブロックチェーンの未来を大きく変える

はてなブックマークのコメントで、「AWS Blockchain Templatesはどう使われるの?」というご指摘を頂きましたので、追記します。「ブロックチェーンがどのように応用できるか」という件は、以下のWebサイトが参考になります。

時は2040年、DApps が一般的な未来の物語。Web 3.0 でパラダイムシフトが起こる

上記Webサイトでは、以下のとおり記述されています。


ビットコインは金融界に革命を起こしました。

その後すぐ、人々はブロックチェーンがお金だけでなく他のものにも使えることに気が付き始めたのです。

使用ケース

身元特定サービス(ドメイン登録、権利登録)

物流(供給チェーントラッキング)

クラウドファンディング

ギャンブル

ソーシャルメディア

予測マーケット

IoT(Internet of Things)

投票

その他色々・・・

ビットコインは序章でした。これが Web3.0 の始まりです。

もっと複雑で一般的な目的(通貨以外の目的)のためにブロックチェーンの計算が求められ、スマートコントラクトや非中央集権アプリケーション(DApps)という言葉が生まれる基となった、イーサリアムのようなプロジェクトが立ち上がりました。

ここ数年でイーサリアムの DApps は随分と進化しました。

2040年には、DAppsを日常的に使用しているでしょう。仲介人はいません。分散型です。手数料は無料。


上記のとおり、ブロックチェーンは仮想通貨以外の用途があります。ブロックチェーンを利活用したアプリケーションであるDApps。その開発基盤は、現在クラウドシェア世界No.1であるAWSが握る可能性が大きいと予測します。AWS Blockchain Templatesは、ブロックチェーンの未来を大きく変えるのではないでしょうか。