JavaScript

厳密等価演算子 javaプログラマのjavascript入門

More than 5 years have passed since last update.

==を「等価演算子」

===を「厳密等価演算子」という。

「厳密等価演算子」は型が同じかどうかチェックするが、「等価演算子」はチェックしない。

「等価演算子」を使うと型が異なる場合下記のように変換して比較する。

・数値と文字列を比較するとき、文字列は数値に変換される。

・boolean型ならtrue⇒1、false⇒0に変換される。

var a=1;

var b="1";

var c=true;

// 型が違うが値が同じため真となる

if (a == b) {

document.write('a==b'+'<br/>');

}

// 型が違うため偽となる

if (a === b) {

document.write('a===b'+'<br/>');

}

// 型が違うが値が同じため真となる

if (a == c) {

document.write('a==c'+'<br/>');

}

// 型が違うため偽となる

if (a === c) {

document.write('a===c'+'<br/>');

}

実行結果

a==b

a==c