Pythonのfoliumパッケージで地図を描いてみる

  • 16
    Like
  • 1
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

foliumについての日本語のドキュメントが少なかったので、初歩的な使い方をまとめてみました。
(本文はfolium-0.2.1を対象にしています)

foliumとは

インタラクティブな地図が作成できるLeaflet.jsというライブラリをpythonから使えるようにしたパッケージ。

インストール

pip install pandas
pip install folium

folium(leaflet)の簡単な使用法

  1. folium.Mapで地図を作成する
  2. folium.Markerなどでリズに表示するオブジェクトを生成
  3. Map.add_childrenでオブジェクトを設置
  4. Map.saveで地図を出力する

簡単な地図作成の例

# -*- coding:utf-8 -*-
# pythonでfoliumを利用する際のサンプル

import folium

# 地図の基準として兵庫県明石市を設定
japan_location = [35, 135]

# 基準地点と初期の倍率を指定し、地図を作成する
map = folium.Map(location=japan_location, zoom_start=5)

# 基準地点にマーカーを設置するs
marker = folium.Marker(japan_location, popup='Akashi')
map.add_children(marker)

# 地図をhtml形式で出力
map.save(outfile="map.html")

このような地図が作成されます
スクリーンショット 2016-09-11 22.43.29.png

備考

・folium.Mapで地図を作成する際には tiles で地図タイルを指定できます。

# -*- coding:utf-8 -*-
# 地図タイル指定のサンプル
import folium

# 地図の基準として兵庫県明石市を設定
japan_location = [35, 135]

# 地図タイルをStamen Terrianとして地図を作成
map = folium.Map(location=japan_location, zoom_start=5, tiles="Stamen Terrain")

# 地図をhtml形式で出力
map.save(outfile="stamen_terrain_map.html")

・地図に設置するオブジェクトとしては
 CircleMarker, ClickForMarker, RegularPolygonMarker
 などがデフォルトで利用できます。

おわりに

グリグリ動かせる地図が簡単に作れるのでオススメです。ぜひ使ってみてください。

参考

https://pypi.python.org/pypi/folium
http://www.hexacosa.net/blog/detail/147/
http://sinhrks.hatenablog.com/entry/2015/12/26/231000