Edited at

Macで大量の画像をJPEG画像に自動変換してくれるフォルダの作り方


概要

Macで任意の画像をJPEG形式に変換したい時、

プレビューで開いてJPEG形式で書き出しを行えば簡単にJPEG画像として書き出しが行えます。

ただ、画像の量が大量にある場合、毎回書き出し作業を行う必要があるため、それらを手動で行うのは少し面倒です。

そこで、その作業をドラッグ&ドロップで一発で変換出来るような自動変換フォルダを、

Macの標準アプリ Automator を使って作っていきたいと思います。


Automator とは

Automator はMacに標準で入っているアプリで、大雑把に説明すると、Macで出来る作業をなんでも自動化してくれます。

例えば、「特定のフォルダにファイルが入ったら、ファイルを選別して〇〇な処理をして」みたいな感じです。いい子ですね。

基本的にはドラッグ&ドロップでブロックをつないで作っていくので、デザイナーなど普段プログラムに慣れていない人でも簡単に操作できます。


今回作るもの

今回は、HEIC形式の画像をJPEG画像に変換するフォルダを作ります。

HEIC形式とは、iPhoneで撮影した写真のデフォルトの画像形式で、そのままMacに転送すると .HEIC としてファイルが転送されます (iOS11 以降 → macOS Mojave 以降の場合)。

ですが、多くのブラウザでは未対応な形式のため、サイトにアップロードする前に一度JPEG形式に自前で変換をかける必要がありました。

そこで、Automatorを使って、「特定のフォルダにHEICの画像が入ったら、JPEG変換する」という処理を書きたいと思います。


作り方

以下に作り方を書いていきます。


1. 変換用の空フォルダを作る

変換用のフォルダを作ります。場所はわかりやすい場所であればどこでも大丈夫です。

今回はデスクトップに heic_to_jpeg という名前でフォルダを作りました。


2. Automator を開く

アプリケーション > Automator.app を選んで、Automatorを開きます。

警棒のようなものを持ったこいつがAutomatorです。


3. フォルダアクション を選択

色々出てきますが、今回はフォルダにファイルを入れたら実行させてあげたいので、 フォルダアクション を選びます。


4. ターゲットフォルダを選択する

まずは実行したいフォルダを選びます。

右上に「フォルダを選択」と出ているので、ここをクリックして出てくる その他... を選択し、



先ほど作成した対象フォルダを選びます。


5. 実行して欲しいアクションをドラッグ&ドロップする

ここから実行して欲しい命令を書いていきます。

左に並んでいるのが実行可能なアクションです。

これらを右側にドラッグ&ドロップしていくことで、パズルを組み立てるように自動化手続きを書くことができます。

今回は、

1. 対象フォルダからHEIC画像を選択

2. 選んだファイルをJPEGに変換する

という作業をさせてあげたいので、以下のように組み立てます。


5.1 対象フォルダからHEIC画像を選択

左側の ライブラリ > ファイルとフォルダ を選び、 Finder項目にフィルタを適用 をドラッグ&ドロップで持ってきます。

フィルタの内容は、 ファイル拡張子HEIC である にします。


5.2 選んだファイルをJPEGに変換する

ライブラリ > 写真 を選び、 イメージのタイプを変更 をドラッグ&ドロップして先程のブロックの下に持ってきます。

ドロップすると、アラートウィンドウで


"Finder項目をコピー"アクションを追加して、オリジナルを変更しないでコピーを変更するようにしますか?


と尋ねられますが、今回はオリジナルファイルはiPhoneに残っている前提なので 追加しない をクリックします。

(もしMac上にも元データのHEICファイルを残しておきたい場合は、 追加 を選ぶと Finder項目をコピー というアクションが追加されるので、そこでコピーを残したい保存先を選べばokです。)

イメージのタイプを変更 アクションが追加できたら、 変更後のタイプを JPEG に設定します。

完成したフローは以下のようになります。


ワークフローを保存

操作が完了したら、 ファイル > 保存 を選び、ワークフローを保存します。

保存するフォルダアクションの名前が求められます。

名前は何でも良いのですが、今回は分かりやすいように heic_to_jpeg としました。

以上で、HEIC→JPEGの自動変換フォルダが出来ました! ラクラクですね。


サイドバーにフォルダを追加

これまでの手順でワークフロー自体は出来たのですが、

作成した自動化フォルダをサイドバーに追加すると、使いやすさがぐっと上がるのでオススメです。


実行してみる

最後に、AirDropでダウンロードフォルダにコピーしたHEIC画像を、先程作った heic_to_jpeg フォルダに入れて自動変換されるか見てみます。



うまく動きました✨

実行中は上部のメニューバーに歯車が表示されるので、Automatorが頑張っていることが分かります。


まとめ

指定のフォルダに貼り付けるだけで写真の形式が変換できるので、毎回JPEG変換するためにプレビューで書き出しする必要がありません。超楽です。

Automatorを使えばこの他にも、ダウンロードしたファイルがcsvだったら所定のフォルダに自動で移動する、など様々な使い方ができると思います。

良いレシピが出来たら、ぜひ公開・共有して教えてください。


おまけ

HEIC なんてそもそも要らない子...と感じる場合、iPhone側で 設定 > カメラ > フォーマット メニューを開き、 互換性優先 にすれば、iPhoneでも常にJPEGで画像が保存されます 😛

(ただし画像圧縮率はHEICの方が高いので、わたしの場合普段はHEICで保存して、必要になったら都度変換するようにしています)