Help us understand the problem. What is going on with this article?

Docker for Mac で Hyperledger Fabric の開発環境を立ち上げる

More than 3 years have passed since last update.

チェーンコードの実装やアプリケーションの開発にあたって、開発環境が必要になります。
今回は開発環境の立ち上げを行ってみました。

開発環境を構築する3つの方法

Vagrant を利用

:note: http://hyperledger-fabric.readthedocs.io/en/latest/Setup/Chaincode-setup/#option-1-vagrant-development-environment

Hyperledger Fabric リポジトリの devenv ディレクトリ下に、Vagrantfile とプロビジョニング用のスクリプトが用意されているため、それを使用して構築します。

  • Vagrant, VirtualBox をインストール
  • Hyperleder Fabric リポジトリをクローンし、devenv ディレクトリ下に移動
  • vagrant up を実行して仮想マシンを起動・プロビジョニング
    • 必要なパッケージがインストールされた専用の Vagrant Box (Ubuntu) が利用される
    • Vagrant Box のダウンロードに20分、起動・プロビジョニングに20分ほどかかった
  • vagrant ssh でサーバに入る
  • make membersrvc && membersrvc でメンバーシップサービスを起動
  • make peer && peer node start --peer-chaincodedev でピアを起動

しかし、この方法では構築する中でいくつか問題が発生し、かなりしんどかったです。

  • Docker のインストールに必要な GPG キーが取得できない(こちらと同じ方法で解決: http://qiita.com/togana/items/cf3bf9bb7cf28923b221)
  • JavaSDK のバージョン選択が上手くいかない(プロビジョニングは進行)
  • Node のバージョンが古いため(v0.12.7)、NodeSDK のユニットテストが通らない

既知の問題もあるようですし、次の Docker を使用した環境構築の方が非常に簡単なのでおすすめです。

Docker for Mac/Windows を利用

:note: http://hyperledger-fabric.readthedocs.io/en/latest/Setup/Chaincode-setup/#option-2-docker-for-mac-or-windows

Hyperledger Fabric はそれぞれのサービスが Docker コンテナになっており、Mac/Windows 上に直接コンテナを起動することができます。

  • Docker をインストール
  • 必要な Docker イメージを Pull する
    • docker pull hyperledger/fabric-peer:latest
    • docker pull hyperledger/fabric-membersrvc:latest
    • 10分から15分程度で完了した
  • Docker Compose でメンバーシップサービスとピアのコンテナを構築
    • Docker Compose 用の設定ファイルが公式で提供されているので、任意の場所に docker-compose.yml として設置する
    • docker-compose up でメンバーシップサービスとピアのコンテナが起動する

コンテナ起動時の docker-compose.yml は以下です。

membersrvc:
  image: hyperledger/fabric-membersrvc
  command: membersrvc
vp0:
  image: hyperledger/fabric-peer
  environment:
    - CORE_PEER_ADDRESSAUTODETECT=true
    - CORE_VM_ENDPOINT=http://172.17.0.1:2375
    - CORE_LOGGING_LEVEL=DEBUG
    - CORE_PEER_ID=vp0
    - CORE_PEER_PKI_ECA_PADDR=membersrvc:7054
    - CORE_PEER_PKI_TCA_PADDR=membersrvc:7054
    - CORE_PEER_PKI_TLSCA_PADDR=membersrvc:7054
    - CORE_SECURITY_ENABLED=true
    - CORE_SECURITY_ENROLLID=test_vp0
    - CORE_SECURITY_ENROLLSECRET=MwYpmSRjupbT
  links:
    - membersrvc
  command: sh -c "sleep 5; peer node start --peer-chaincodedev"

それぞれ、コンテナ構築時に使用する Docker イメージ、構築後の実行コマンド、環境変数などが指定されます。

Docker Toolbox を利用

:note: http://hyperledger-fabric.readthedocs.io/en/latest/Setup/Chaincode-setup/#option-3-docker-toolbox

Docker for Mac/Windows と同様の手順で構築可能です。

Docker for Mac/Windows との違いは、Docker が稼働する仮想環境がネイティブか VirtualBox かの違いだけです。
Docker for Mac/Windows はネイティブ上に稼働し、Docker Toolbox は VirtualBox 上に稼働します。

Docker for Mac の使い方メモ

今回は Docker for Mac を使って構築しました。

コンテナの構築・起動

% docker-compose up
Creating docker_membersrvc_1
Creating docker_vp0_1
Attaching to docker_membersrvc_1, docker_vp0_1

コンテナの停止

% docker-compose stop
Stopping docker_membersrvc_1 ... done
Stopping docker_vp0_1 ... done

コンテナの削除

% docker-compose rm
Going to remove docker_vp0_1, docker_membersrvc_1
Are you sure? [yN] y
Removing docker_vp0_1 ... done
Removing docker_membersrvc_1 ... done

コンテナプロセスの確認

% docker ps
CONTAINER ID        IMAGE                           COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                                                      NAMES
11bdfd641d57        hyperledger/fabric-peer         "sh -c 'sleep 5; peer"   20 hours ago        Up 28 seconds       0.0.0.0:7050-7051->7050-7051/tcp, 0.0.0.0:7053->7053/tcp   docker_vp0_1
b2e60ea30a40        hyperledger/fabric-membersrvc   "membersrvc"             20 hours ago        Up 29 seconds       0.0.0.0:7054->7054/tcp                                     docker_membersrvc_1

コンテナ内部に入る

% docker exec -it 11bdfd641d57 /bin/bash
root@11bdfd641d57:/opt/gopath/src/github.com/hyperledger/fabric# pstree -Aalunp
sh,1 -c sleep 5; peer node start --peer-chaincodedev
  `-peer,8 node start --peer-chaincodedev
      |-{peer},9
      |-{peer},10
      |-{peer},11
      |-{peer},12
      |-{peer},13
      |-{peer},14
      |-{peer},15
      `-{peer},16

動作テスト

起動したコンテナでの動作テストを、REST API を使って行います。
REST API は 7050 ポートを使用します。

Registrar API でのログイン

membersrvc/membersrvc.yml に初期のログイン情報があるので、その情報を使って任意のユーザにログインします。

% curl -X POST -H 'Content-Type: application/json' -d '{"enrollId":"jim","enrollSecret":"6avZQLwcUe9b"}' http://localhost:7050/registrar

{"OK":"Login successful for user 'jim'."}

Chaincode API でのチェーンコード設置・実行・参照

Docker for Mac で構築した場合、ローカル環境上にチェーンコードをビルドし、実行することでチェーンコードを起動・ピアに登録することができます。

まずは $GOPATH 下に chaincode_example02.go というサンプルをダウンロードします。

% mkdir -p $GOPATH/src/github.com/chaincode_example02/
% cd $GOPATH/src/github.com/chaincode_example02
% curl GET https://raw.githubusercontent.com/hyperledger/fabric/master/examples/chaincode/go/chaincode_example02/chaincode_example02.go > chaincode_example02.go

サンプルコードには Hyperledger Fabric リポジトリのコードが必要なので、こちらも $GOPATH 下にクローンします。

% mkdir -p $GOPATH/src/github.com/hyperledger
% cd $GOPATH/src/github.com/hyperledger
% git clone https://github.com/hyperledger/fabric.git

再びサンプルコードのあるディレクトリまで戻って、go build します。

% cd $GOPATH/src/github.com/chaincode_example02
% go build

chaincode_example02 が作成されるので、実行します。
実行する際に任意のチェーンコードID名と、起動しているピアコンテナのアドレスを指定します。

% CORE_CHAINCODE_ID_NAME=mycc CORE_PEER_ADDRESS=0.0.0.0:7051 ./chaincode_example02
19:00:56.500 [shim] INFO : error with chaincode log level: logger: invalid log level level=
19:00:56.500 [shim] DEBU : Peer address: 0.0.0.0:7051
19:00:56.503 [shim] DEBU : os.Args returns: [./chaincode_example02]
19:00:56.505 [shim] DEBU : Registering.. sending REGISTER
19:00:56.510 [shim] DEBU : []Received message REGISTERED from shim
19:00:56.510 [shim] DEBU : []Handling ChaincodeMessage of type: REGISTERED(state:created)
19:00:56.510 [shim] DEBU : Received REGISTERED, ready for invocations

これでピアにチェーンコードが登録され、任意のチェーンコードID名を使用してデプロイ・実行できるようになります。

下記を実行して登録したチェーンコードをデプロイします。
初期値として a1000b2000 をセットするようになっています。

% echo '{
  "jsonrpc": "2.0",
  "method": "deploy",
  "params": {
    "type": 1,
    "chaincodeID": {
      "name": "mycc"
    },
    "ctorMsg": {
      "function": "init",
      "args": ["a", "1000", "b", "2000"]
    },
    "secureContext": "jim"
  },
  "id": 1
}' | 
curl -X POST -H 'Content-Type: application/json' -d @- http://localhost:7050/chaincode

{"jsonrpc":"2.0","result":{"status":"OK","message":"mycc"},"id":1}

デプロイしたチェーンコードを指定して、invoke してみます。
a から b100 を渡すような処理です。

% echo '{
  "jsonrpc": "2.0",
  "method": "invoke",
  "params": {
    "type": 1,
    "chaincodeID": {
      "name": "mycc"
    },
    "ctorMsg": {
      "function": "invoke",
      "args": ["a", "b", "100"]
    },
    "secureContext": "jim"
  },
  "id": 1
}' | 
curl -X POST -H 'Content-Type: application/json' -d @- http://localhost:7050/chaincode

{"jsonrpc":"2.0","result":{"status":"OK","message":"d0e86638-778c-4a50-9d72-a160b8b6d74f"},"id":1}

query で処理が正常に完了したかを確認します。
a を指定すると結果は 900 に、b を指定すると結果は 2100 になりました。

% echo '{
  "jsonrpc": "2.0",
  "method": "query",
  "params": {
    "type": 1,
    "chaincodeID": {
      "name": "mycc"
    },
    "ctorMsg": {
      "function": "query",
      "args": ["a"]
    },
    "secureContext": "jim"
  },
  "id": 1
}' | 
curl -X POST -H 'Content-Type: application/json' -d @- http://localhost:7050/chaincode

{"jsonrpc":"2.0","result":{"status":"OK","message":"900"},"id":1}
% echo '{
  "jsonrpc": "2.0",
  "method": "query",
  "params": {
    "type": 1,
    "chaincodeID": {
      "name": "mycc"
    },
    "ctorMsg": {
      "function": "query",
      "args": ["b"]
    },
    "secureContext": "jim"
  },
  "id": 1
}' | 
curl -X POST -H 'Content-Type: application/json' -d @- http://localhost:7050/chaincode

{"jsonrpc":"2.0","result":{"status":"OK","message":"2100"},"id":1}
gaiax
人と人をつなげる Empowering the people to connect.
http://www.gaiax.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away