Edited at

MacにNode.jsをインストール

MacにNode.jsの環境を構築するメモ。


インストールの流れ


  1. Homebrewのインストール

  2. nodebrewのインストール

  3. Node.jsのインストール


・Homebrew

HomebrewはMac用のパッケージマネージャ。

ツールのインストールとか諸々を管理してくれます。

http://brew.sh/index_ja.html

nodebrewをインストールするためにHomebrewを使います。


・nodebrew

Node.jsのバージョン管理ツール。

複数のバージョンのNode.jsをインストールしたり、切り替え等々ができます。


Homebrewのインストール


・インストール

http://brew.sh/index_ja.html にあるスクリプトを実行する。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

※ 2018/1/26現在は上記

インストール後は以下コマンドでHomebrewのバージョンが確認できます。

$ brew -v

Homebrew 1.1.0

Homebrew/homebrew-core (git revision bb24; last commit 2016-11-15)


nodebrewのインストール


・インストール

Homebrewを使用してインストールする。

$ brew install nodebrew

インストール後は以下コマンドでnodebrewのバージョンが確認できます。

$ nodebrew -v

nodebrew 0.9.6

Usage:
nodebrew help Show this message
nodebrew install <version> Download and install <version> (compile from source)
nodebrew install-binary <version> Download and install <version> (binary file)
nodebrew uninstall <version> Uninstall <version>
nodebrew use <version> Use <version>
nodebrew list List installed versions
nodebrew ls Alias for `list`
nodebrew ls-remote List remote versions
nodebrew ls-all List remote and installed versions
nodebrew alias <key> <value> Set alias
nodebrew unalias <key> Remove alias
nodebrew clean <version> | all Remove source file
nodebrew selfupdate Update nodebrew
nodebrew migrate-package <version> Install global NPM packages contained in <version> to current version
nodebrew exec <version> -- <command> Execute <command> using specified <version>

Example:
# install from binary
nodebrew install-binary v0.10.22

# use a specific version number
nodebrew use v0.10.22

# io.js
nodebrew install-binary io@v1.0.0
nodebrew use io@v1.0.0


Node.jsのインストール


・インストールできるバージョンの確認

$ nodebrew ls-remote

上記を実行するとインストール可能なバージョンが表示されます。

v0.0.1    v0.0.2    v0.0.3    v0.0.4    v0.0.5    v0.0.6    

〜省略〜

v7.0.0 v7.1.0

io@v1.0.0 io@v1.0.1 io@v1.0.2 io@v1.0.3 io@v1.0.4 io@v1.1.0 io@v1.2.0 io@v1.3.0
io@v1.4.1 io@v1.4.2 io@v1.4.3 io@v1.5.0 io@v1.5.1 io@v1.6.0 io@v1.6.1 io@v1.6.2
io@v1.6.3 io@v1.6.4 io@v1.7.1 io@v1.8.1 io@v1.8.2 io@v1.8.3 io@v1.8.4

io@v2.0.0 io@v2.0.1 io@v2.0.2 io@v2.1.0 io@v2.2.0 io@v2.2.1 io@v2.3.0 io@v2.3.1
io@v2.3.2 io@v2.3.3 io@v2.3.4 io@v2.4.0 io@v2.5.0

io@v3.0.0 io@v3.1.0 io@v3.2.0 io@v3.3.0 io@v3.3.1

上記コマンドで以下のようなエラーが発生する場合があるみたいです。

Fetching: https://nodejs.org/dist/v7.10.0/node-v7.10.0-darwin-x64.tar.gz

Warning: Failed to create the file
Warning: /Users/whoami/.nodebrew/src/v7.10.0/node-v7.10.0-darwin-x64.ta
Warning: r.gz: No such file or directory

curl: (23) Failed writing body (0 != 941)
download failed: https://nodejs.org/dist/v7.10.0/node-v7.10.0-darwin-x64.tar.gz

その時はディレクトリを作成してあげましょう。

$ mkdir -p ~/.nodebrew/src


・インストール

$ nodebrew install-binary {version}

必要なバージョンを指定してインストールする。

最新版を取得する際は

$ nodebrew install-binary latest


・インストールされたnodeを有効化

$ nodebrew ls

上記、コマンドでインストールされたバージョンが一覧できる。

v7.1.0

current: none

インストール直後はcurrent: noneとなっているため、必要なバージョンを有効化する。

$ nodebrew use v7.1.0

もう一度nodebrew lsを試すと

v7.1.0

current: v7.1.0

v7.1.0が設定されました。


・環境パスを通す

nodeが使えるように環境パスを通します。

bashの場合は以下。

$ echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile

bash以外で使いたいときは各シェルの適したファイルに追記します。

追記した後、ターミナルを再起動!!!


・最後にnodeが使えるか確認

$ node -v

ここでv7.1.0と表示されればインストール完了です!!!

お疲れ様でした。


参考:

http://www.hirooooo-lab.com/entry/development/install-node

https://qiita.com/yn01/items/d1fa10dbe4850f7cd693