Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacにNode.jsをインストール

MacにNode.jsの環境を構築するメモ。

その前に

※以下の方法もオススメです!
MacにNode.jsをインストール(anyenv + nodenv編)
上記の場合はプロジェクト毎(フォルダ毎)にNodeのバージョンを指定して実行ができます。
フォルダを変えるごとに、いちいちバージョンを切り替える作業がいらないので、複数のプロジェクトを持っている方にはおすすめです。
nodebrew使いたいって人は無視して以下を進めてください。

インストールの流れ

  1. Homebrewのインストール
  2. nodebrewのインストール
  3. Node.jsのインストール

・Homebrew

HomebrewはMac用のパッケージマネージャ。
ツールのインストールとか諸々を管理してくれます。
http://brew.sh/index_ja.html
nodebrewをインストールするためにHomebrewを使います。

・nodebrew

Node.jsのバージョン管理ツール。
複数のバージョンのNode.jsをインストールしたり、切り替え等々ができます。

Homebrewのインストール

・インストール

http://brew.sh/index_ja.html にあるスクリプトを実行する。

コマンド
/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

※ 2018/1/26現在は上記

インストール後は以下コマンドでHomebrewのバージョンが確認できます。

コマンド
brew -v
結果
Homebrew 1.1.0
Homebrew/homebrew-core (git revision bb24; last commit 2016-11-15)

nodebrewのインストール

・インストール

Homebrewを使用してインストールする。

コマンド
brew install nodebrew

インストール後は以下コマンドでnodebrewのバージョンが確認できます。

コマンド
nodebrew -v
結果
nodebrew 0.9.6

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (compile from source)
    nodebrew install-binary <version>     Download and install <version> (binary file)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:
    # install from binary
    nodebrew install-binary v0.10.22

    # use a specific version number
    nodebrew use v0.10.22

    # io.js
    nodebrew install-binary io@v1.0.0
    nodebrew use io@v1.0.0

Node.jsのインストール

・インストールできるバージョンの確認

コマンド
nodebrew ls-remote

上記を実行するとインストール可能なバージョンが表示されます。

結果
v0.0.1    v0.0.2    v0.0.3    v0.0.4    v0.0.5    v0.0.6    


〜省略〜


v7.0.0    v7.1.0    

io@v1.0.0 io@v1.0.1 io@v1.0.2 io@v1.0.3 io@v1.0.4 io@v1.1.0 io@v1.2.0 io@v1.3.0
io@v1.4.1 io@v1.4.2 io@v1.4.3 io@v1.5.0 io@v1.5.1 io@v1.6.0 io@v1.6.1 io@v1.6.2
io@v1.6.3 io@v1.6.4 io@v1.7.1 io@v1.8.1 io@v1.8.2 io@v1.8.3 io@v1.8.4 

io@v2.0.0 io@v2.0.1 io@v2.0.2 io@v2.1.0 io@v2.2.0 io@v2.2.1 io@v2.3.0 io@v2.3.1
io@v2.3.2 io@v2.3.3 io@v2.3.4 io@v2.4.0 io@v2.5.0 

io@v3.0.0 io@v3.1.0 io@v3.2.0 io@v3.3.0 io@v3.3.1 

上記コマンドで以下のようなエラーが発生する場合があるみたいです。

エラー内容
Fetching: https://nodejs.org/dist/v7.10.0/node-v7.10.0-darwin-x64.tar.gz
Warning: Failed to create the file 
Warning: /Users/whoami/.nodebrew/src/v7.10.0/node-v7.10.0-darwin-x64.ta
Warning: r.gz: No such file or directory

curl: (23) Failed writing body (0 != 941)
download failed: https://nodejs.org/dist/v7.10.0/node-v7.10.0-darwin-x64.tar.gz

その時はディレクトリを作成してあげましょう。

コマンド
mkdir -p ~/.nodebrew/src

・インストール

コマンド
nodebrew install-binary {version}

必要なバージョンを指定してインストールする。
最新版を取得する際は

最新版を取得
nodebrew install-binary latest

安定版を取得する際は

安定版を取得
nodebrew install-binary stable

・インストールされたnodeを有効化

以下のコマンドでインストールされたバージョンが一覧できる。

コマンド
nodebrew ls
結果
v7.1.0

current: none

インストール直後はcurrent: noneとなっているため、必要なバージョンを有効化する。

コマンド
nodebrew use v7.1.0

もう一度nodebrew lsを試すと

コマンド
v7.1.0

current: v7.1.0

v7.1.0が設定されました。

・環境パスを通す

nodeが使えるように環境パスを通します。
bashの場合は以下。

コマンド
echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile

bash以外で使いたいときは各シェルの適したファイルに追記します。
なんとmacOS X 10.15 Catalinaからはzshがデフォルトになったので、zshでは以下になります。

コマンド
echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.zprofile

追記した後、ターミナルを再起動!!!
もしくはsourceコマンドで環境パスを読み込む!!!

・最後にnodeが使えるか確認

コマンド
node -v

ここでv7.1.0と表示されればインストール完了です!!!
お疲れ様でした。

参考:

https://qiita.com/yn01/items/d1fa10dbe4850f7cd693

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした