Help us understand the problem. What is going on with this article?

ghq的なやつを作った

背景

loves ghq

ghq良いですよね。
無思考でGoPath配下の構造に倣ってプロジェクトを管理できるの、最高だと思います。

ところで、僕は横着者なので、プロジェクトがPythonで出来ていようがC#だろうがVimScriptだろうが、ghqでgetしてたりします。
要するに「何も考えずにプロジェクト管理はghqに委ねる」というスタンスをとりたいのです。
そして、そのスタンスだとghqはちょっといくらか不足があり、それをPRとして本家に出そうと考えたときに、内部のちょっとしたメンテナンスしにくさを感じました。

forked ghq

ちょっとこれは根本的に違うもの作ったほうが自身のニーズを満たせそうだ、と思い立ったので、
別のプロジェクトとして gogh を作ってしまいました。
(あんまりそういうスタンスでのForkは良くないと思うんですが)

gogh の目指すところ

  • 目的
    • GitHub(+GHE)でホストしているプロジェクトの、ローカルでの配置を管理する
      • ghqにならい、Golang風構成(i.e. ./github.com/kyoh86/gogh)でClone
      • 対象ホストごとに設定を切り替える。デフォルトはgithub.comをターゲットとする
    • プロジェクト間をまたぐような操作を極力サポートする
      • ローカルでの操作も、リモートでの操作も
      • 逆にプロジェクト内に収まるようなものは hub の領域と捉える。サポートしない。
      • プロジェクトがまだない状態での操作もサポート対象とする
        • create
        • fork
        • etc...?
  • ghq との差異
    • 設定や一つ一つの機能をシンプルにする
      • そのためにもGitHub以外のホストはサポートしない。
      • 最大公約数的な機能ではなく、最小公倍数的な機能を作る。
    • ghq look は作らない
      • jump into project とされてはいるものの、実態は当該ディレクトリをWDとするシェルの起動。
      • つまり cd - は機能しないし、気づくとプロセスツリーがエライことになってる。
      • 代わりにzsh/bash functionとして似たような機能を提供する。(gogogh
    • 重複した名前のプロジェクトも分かりやすく表示する
      • 重複した名前のプロジェクトが増えてくると、全部長ったらしいパスで表示されたりするのは困る。
      • --unique オプションの出力がとても難解なので、もっとシンプルに。-f=short
    • git config によらない。
      • いろんなツールの設定がgitconfigにあふれて管理めんどくさいし分かりづらい。
      • そして設定値の呼び出しがとても重い。
    • 設定ファイル自体を対象ホストごとに分ける
      • git config 内に設定を持とうとしたこと(と、おそらく歴史的経緯)で、ホストごとに分けられる設定、分けられない設定がややこしい
      • ホストごとに設定しないと変な挙動を示すこともままある
    • GitHub 以外の何かは対応しない
      • そちらは別の何かで管理するほうが良さそう
      • 今の所そもそも向き合ったことがないけど…
    • hub との間を埋める
      • ghqでできることとhubでできることの間に、いつもちょっと面倒なこと、が発生していたのを解消する
      • 新たにforkするとき:元プロジェクトをClone、forkしてプロジェクトを作る
      • 新たにプロジェクト作るとき:ローカルにプロジェクトフォルダを作り、GitHub上にもリポジトリを作る。
    • (些末な宗教) github.com/onsi/gomegagithub.com/urfave/cli が好きではない。github.com/stretchr/testifygithub.com/alecthomas/kingpin がいい。
    • (実験的・ニーズ不明)単なるCLIとして作るのではなく、同時にライブラリとして使える何かを作ってみたい。(github.com/kyoh86/gogh/gogh package)。 hub リスペクトなのだけど。
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away