Help us understand the problem. What is going on with this article?

小規模開発向けブランチモデル図解

More than 1 year has passed since last update.

スライド1.png

投稿背景

こちらの記事を読み、自分のチームに特化したブランチモデルを定義したところ、図解資料がわかりやすいと評価を受けたので公開します。

Gitのブランチモデルについて 
https://qiita.com/okuderap/items/0b57830d2f56d1d51692  

このチームで登場するブランチ

master :

- 本番稼働中のブランチ

hotfix/{i + issue番号}/{担当者名} (masterから派生):

- 本番障害を緊急で対応する用のブランチ

yyyymmdd (masterから派生。リリースブランチと呼んで下さい) :

- 開発作業の主軸となるブランチ。リリース日をyyyymmddに設定する(途中でリリース日が変わった場合は、開発メンバーで話し合ってよしなに対応)

{i + issue番号}/{担当者名} (リリースブランチから派生。issueブランチと呼んでください):

- リリースブランチの開発を進める上での、issue毎のブランチ

開発作業の流れ

1. リリース日をだいたい決めて、masterブランチからリリースブランチを作成
2. リリースブランチから実装するissue毎にissueブランチを作成
3. issueブランチで実装完了したら、リリースブランチにマージ
4. リリース時点でリリースブランチをmasterにマージ(or 置き換え)

図解

スライド1.png
スライド2.png
スライド3.png
スライド4.png
スライド5.png

kyogom
ガジェット系に飛びつく系男子。 なにかと自動化したがる。
https://kyogom.com
revcomm
AI搭載型クラウドIP電話「MiiTel」を始めとする、Voice × AIのプロダクトを通して「コミュニケーションを再発明し人が人を想う社会を創る」ことをミッションとしています。
https://www.revcomm.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away