Help us understand the problem. What is going on with this article?

Golangて何?

More than 1 year has passed since last update.

Golang

Goプログラミング言語は Googleが主催するオープンソースのプログラミング言語です。
2009年に初めて発表されて以来、人気を博しました。GoはGo自身で書かれてまして2011年初の安定版リリースしました。
現在、世界中の多くの企業がさまざまなアプリケーションで使用されています。 例:Dropbox、Google、SoundCloud、CloudFlare、Docker、Cloud FoundryはGoプログラミングユーザーの一部です。

Go言語 (golang)の良い点

  • コンパイルが速い
  • セキュアなメモリ管理
  • 妥当で現実的なレベルの型安全性
  • 実行時パフォーマンスが良さ
  • 標準ライブラリが整備されている
  • シンプルでバランスの取れた言語仕様
  • 非知的なプログラマのためにデザインされている
  • スレッドモデルによる並行プログラミング
  • Dockerなどの素晴らしい大規模プロジェクトでの実績がある
  • Googleによる開発
  • サードパーティ製のライブラリの豊富さと実績

Golangへの態度は何ですか?
学習する価値がありますか?
Goのメリットとデメリットは何だと思いますか?
いろいろ疑問がありますが、 
じゃ、 始めてみましょう。。。

オンライン開発環境

  1. Codeanywhereでサインアップとログインします。
  2. 次に、「コンテナ」を作成します。
  3. 数分待ってから SSH Terminal でアクセスしてください。

Webサーバーの作成

今から Go が実行出来ますの簡単にWebサーバー作って見ましょう。。。

  • web.go ファイルを作成します。
  • 次は以下のコードを書きます。
package main

import (
    "fmt"
    "net/http"
)

func handler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
    fmt.Fprintf(w, "Hello Go User %s!", r.URL.Path[1:])
}

func main() {
    http.HandleFunc("/", handler)
    http.ListenAndServe(":8080", nil)
}
  • go run web.go を実行します。
  • 後はブラウザで確認します。
  • http://port-8080.Go--xxxxx.codeanyapp.com このリンクで確認出来ます。

自分のURLを確認

  • Info から自分のURLを確認出来ます。

  • ブラウザで確認すると見えるのはこいう感じです。

続きは Go入門 で学習が出来ます。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away