GitHub
hub

CI ビルド URL を開く ciopen コマンド

More than 1 year has passed since last update.

元ネタは Quipper の CTO (@tomo) が社内向けにシェアした zsh コマンド。別途 hub をインストールしてください。
https://hub.github.com/

# 使い方:
# 1. 以下を .bashrc などにコピペして保存 -> 端末・シェル再起動または .bashrc 再読み込み
# 2. Git リポジトリを clone したディレクトリに移動 -> Pull Request と紐付いているブランチを checkout
# 3. $ ciopen [COMMIT]
#    $ ciopen head
#    $ ciopen head^
#    $ ciopen head~2
ciopen() {
  commit=$1
  result=$(hub ci-status -v $commit)
  if [ $? == 3 ]; then
    echo $result
  else
    open $(echo $result | awk '{print $2}')
  fi
}

Untitled.gif

元ネタとの差分:

  • 元ネタは zsh 用で precmd を使っていたが自分は bash ユーザーなので zsh 依存を無くした
  • 元ネタは git サブコマンドを駆使して repo, branch を特定していたが hub ci-status コマンドを使うように変更した(その結果 hub に依存するようになった)
  • 元ネタは https://circleci.com/gh/circleci/frontend/tree/levlaz_docker_docs のような URL を開くが hub ci-status -v で得られる CI ビルドの permalink を開くように変更した

どうぞご利用ください。

hub コマンドを使っていない方はこの機会にぜひお試しを。 hub ci-status 以外にも hub browsehub compare など便利なコマンドがあるのでおすすめです。