Help us understand the problem. What is going on with this article?

Wio-LTE + Arduino のメモ

More than 1 year has passed since last update.

ソースコードを探して回った結果のメモ。

Board Manager に入力する json ファイルでのバイナリ配布物は https://github.com/Seeed-Studio/Seeed_Platform/ で管理されている。

このバイナリのソースコードは https://github.com/Seeed-Studio/STM32F4_Arduino_Library/ のリポジトリで管理されている。

Board 設定の後、いろいろ便利にアクセスできるライブラリは https://github.com/SeeedJP/WioLTEforArduino/ のリポジトリにある。

突っ込んでいくと、AT コマンドのリファレンスなどが必要になってくるけれども、 https://github.com/SeeedDocument/Wio_LTE に zip で固めた状態で配布されている。もちろんユーザ登録して本家サイト http://www.quectel.com/product/ec21.htm からダウンロードしてもよい。

製品ページ http://wiki.seeedstudio.com/Wio_LTE_Cat.1/ にあるように、STM32F405RG, ARM 32-bit Cortex-M4, 168MHz で動いている。ST のサイト http://www.st.com/ja/microcontrollers/stm32f405rg.html にいくと、どういうソフトウェア実装を期待していたかわかる。

その他便利リンク

使っていて気が付いたメモ

Wio::TurnOnOrResetfalse を返す。結局原因は SIM がきっちり刺さっていなかった事。隠れるぐらいまで入るものらしい。

WioLTE::getLocation は、Wio-LTE デバイスの存在する位置を取得するものではなく、LTE 接続している基地局の位置を取得するものになっている(フェリー乗船時のログで気が付いた)。これはこれで役に立つのだけど、誤解しないように気を付けるべし。リファレンスは wiki にある。

ちなみに EC21 はもともと GPS 内蔵だが、WioLTE JP バージョンでは削除されていて使えないので、日本では外付けの GPS モジュールが別途必要。最初からGrove IoT スターターキット for SORACOMを買うのが吉。

なぜか I2C がソフトウェア実装されているので、うまく通信できない場合は、タイミングを調整すべし。

SerialUSB を使うタイプなので、Serial でやっていたところは読み替えるべし。Serial は GROVE 端子のUART に出ている。Serial1 は LTE モデムの AT コマンド入出力 UART につながっている。

ボード全体でリセットがかかる現象を観測中。millis() をログするとよい。同時に LTE 電場強度が弱いログが出ているけれど、原因なのか結果なのかは不明。消費電力が問題か?

kwi
iij
日本のインターネットを支えてきたIIJ。現在もその先もイニシアティブをとり続けます。
https://www.iij.ad.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした