19
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Raspberry Piでpuppeteerを動かす方法

本記事について

Raspberry Piでpuppeteerを動かそうとするとエラーが出て動きません。その理由と対処方法は

に書かれています。ここでは、その理由と対処方法について簡単にまとめます。

理由と対処方法

  • npmでpuppeteerをインストールすると、Chromiumも同時にインストールされ、デフォルトのpuppeteerはそのChromiumを使う
  • インストールされるChromiumはx86用でARMのRaspberry Piでは動かない
  • ARM用のChromiumをインストールして、puppeteerが使うブラウザをそのChromiumにする必要がある
  • Raspberry Piで$ apt-get install chromium でインストールされるChromiumはHeadlessモードで動かないので使えない
  • https://launchpad.net/~canonical-chromium-builds で配布されているChromiumはHeadlessモードで動くので、そのChromiumをインストールしてpuppeteerで使用するようにする

手順

  1. https://launchpad.net/~canonical-chromium-builds にアクセス
  2. [stage for security updates]-[View package details]-[chromium-browser ~ ubuntu0.14.~]-[armhf]とたどる
  3. 「chromium-browser_<数値>_armhf.deb」と「chromium-codecs-ffmpeg_<数値>_armhf.deb」をダウンロード
  4. ダウンロードしたファイルを$ sudo dpkg -i <ファイル名>でインストール
  5. インストールしたChromiumを使うようにpuppeteerを変更
const browser = await puppeteer.launch({
    executablePath: '/usr/bin/chromium-browser',
    
});

関連記事

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You can follow users and tags
  2. you can stock useful information
  3. You can make editorial suggestions for articles
What you can do with signing up
19
Help us understand the problem. What are the problem?