Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Python - open3d】3Dモデルのobjデータをポイントクラウドに変換する方法

概要

本記事では、Blenderなどで作成したモデルを、トポロジーデータ解析などに使われるポイントクラウドデータに変換する方法を示す。pythonでポイントクラウドを扱うことは少ないが、トポロジーデータ解析など解析分野で良いライブラリがあるので、解析用途で使用することがある。
その解析にobjデータを使う際、open3Dで読み込み、ポイントクラウドに変換する必要があるため、記載する。

少し調べたら出てきたので、忘備録用。

スクリーンショット 2020-02-15 4.08.42.pngスクリーンショット 2020-02-15 4.08.59.png

open3d

ポイントクラウドのデータを解析するライブラリ。基本的には、ポイントクラウドのマッチングや異常値の解析ができる。Depth情報を含むRGBDデータからポイントクラウド群の構築も可能。

objデータの変換

ポイントクラウド(ply)形式でデータが配布されるのは稀で、3Dモデルはobj,fbxなどの形式で読み込まれる。そのため、以下のプログラムのようにobjデータのvertices(頂点)のみ取り出し、メッシュ情報を除去することで、ポイントクラウドに変換可能。

import open3d as o3d
import numpy as np

def obj_mesh(path):
  return o3d.io.read_triangle_mesh(path)

def draw_mesh(mesh):

  mesh.paint_uniform_color([1., 0., 0.])
  mesh.compute_vertex_normals()
  o3d.visualization.draw_geometries([mesh])

def mesh2ply(mesh):
  pcd = o3d.geometry.PointCloud()
  pcd.points = o3d.utility.Vector3dVector(np.asarray(mesh.vertices))
  return pcd


if __name__ == "__main__":
  path = "/Users/washizakikai/data/obj3d/IronMan.obj"
  mesh = obj_mesh(path)

  pcd = mesh2ply(mesh)
kwashi
現在無職のエンジニアです。python, golang, C#が好きです。最近興味があるトピックはARと教師なし学習です。プログラミングはほぼ初心者なので、勉強の際に悩んだところなどを共有できればと思います。目標:1月より仕事探す。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした