Help us understand the problem. What is going on with this article?

micro:bit用パッケージの言語リソースの命名ルール

More than 1 year has passed since last update.

micro:bit用のプログラミング環境であるブロックエディタ(MakeCode)では、自作のブロックを追加できる機能があるのですが、パッケージを複数の言語に対応(ローカライズ)するためのルールで、公式のドキュメントに書かれていないことを補足する記事です。

公式のドキュメントの方にもPRを送るつもりですが、英語なのでとりあえずこちらに日本語でメモとして。

micro:bit用拡張パッケージの開発方法

micro:bit用拡張パッケージの開発方法については、公式のドキュメントがありますのでそちらをご覧ください。ただ、なにかと情報不足な点は否めません...。

ローカライズ用言語リソースの置き方

このドキュメントの中に言語対応(localization)の説明があり(元々無かったけれど質問したら追加されたようだ)、基本的にはここに書いてある通りなのですが、言語リソースファイル名の命名ルールの説明がありません。

言語リソースファイルは以下のルールに従ってください。
1. "_locales"ディレクトリを作成する。
2. その下に各言語ごとのディレクトリを作成する。ディレクトリ名にはISO 3166-1 alpha-2を小文字で使用します。日本の場合は"ja"となります。
3. 各言語のディレクトリの中に「{pxt.jsonの"name"で指定した名前}-strings.json」のファイル名で言語リソースファイルを置きます。

"ExternalPackages"の日本語リソースの場合。
"_locales/ja/ExternalPackages-strings.json"

ツールチップの言語リソースの場合は、「{pxt.jsonの"name"で指定した名前}-jsdoc-strings.json」となります。

言語リソースの書き方

言語リソースの書き方については、実際にパッケージを開発されている方なら、公開されているパッケージを参考にすればわかると思いますので、省略します。

最後に

めっちゃ走り書きで申し訳ありませんが、もし困っている方の参考になればと思い取り急ぎシェアしました。

kwaka1208
ソフトウェアエンジニアです。組み込み開発、webサイト開発など色々やってました。最近は、任意の活動でCoderDojoという子供達とプログラミングを楽しむコミュニティ活動が本業と言われるぐらいにコミットしてます。
https://crssrds.jp/aboutme/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした