3
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

【Amplify】60 分で認証付き SPA + REST API にデプロイメントパイプラインも添えて

60 分で認証付き SPA + 管理画面をつくる Amplify

年の瀬にサクッとサービス作りたいな、試してみたいなって人もいらっしゃるのではないでしょうか?
Amplify でさくっとまるっとやっちゃいましょう。
早ければ 60 分ほどで完成しちゃうかもです。

今回作成するのは以下のようです

  • Cloud Front + S3 で Nuxt ベースのSPA
  • Amplify Console で Github ベースのデプロイメントパイプライン
  • Cognito を利用した認証
  • API Gateway + Lambda で API

前提

以下の経験がある方を想定しています

  • AWS のアカウントを持っている
  • Nuxt 触ったことある

開発の流れ

今回は以下のような STEP で行きます。
雑なデモコードですがGithubにおいておきます

  1. Amplify の導入
  2. Nuxt の初期化
  3. amplify で使用する IAM ユーザーの作成(必要あれば)
  4. amplify の初期化
  5. Github のリポジトリ作成
  6. Hosting、パイプラインの設定
  7. Auth の追加
  8. フロントエンドに Amplify のパッケージを追加
  9. plugin として AmplifyClass を初期化して読み込む
  10. サインイン、サインアップページの作成
  11. REST API の追加
  12. Lambda の微修正
  13. クライアントからの API 呼び出し
  14. 動作確認

👉 完成!

Amplify の導入

まずは amplify cli を導入します。
https://docs.amplify.aws/cli/start/install

npm install -g @aws-amplify/cli

今回は以下のような環境で作成していきます。

$ node -v # v12.18.1
$ yarn -v # 1.22.4
$ amplify -v # 4.38.1

Nuxt の初期化

まずは Nuxt で SPA の雛形を作成します。
名称は nuxt-sample-app としました。ここはお好みで変更してください。


# nuxt の初期化
$ yarn create nuxt-app nuxt-sample-app

create-nuxt-app v3.4.0
✨  Generating Nuxt.js project in nuxt-sample-app
? Project name: nuxt-sample-app
? Programming language: TypeScript
? Package manager: Yarn
? UI framework: Vuetify.js
? Nuxt.js modules: Axios
? Linting tools: ESLint, Prettier
? Testing framework: Jest
? Rendering mode: Single Page App
? Deployment target: Static (Static/JAMStack hosting)
? Development tools: jsconfig.json (Recommended for VS Code if you're not using typescript)
? Continuous integration: None
? Version control system: Git

作成した Nuxt SPA のフォルダに移動します。

$ cd nuxt-sample-app

# ディレクトリ構成
$ tree 

.
├── README.md
├── assets
├── components
├── jest.config.js
├── jsconfig.json
├── layouts
├── middleware
├── node_modules
├── nuxt.config.js
├── package.json
├── pages
├── plugins
├── static
├── store
├── test
├── tsconfig.json
└── yarn.lock

# 開発環境をたちあげてみる
$ yarn dev

スクリーンショット 2020-12-14 16.48.12.png

amplify で使用する IAM ユーザーの作成(必要あれば)

AWS 公式のワークショップに従って、amplify で使用する IAM ユーザーを作成していきます。
※ 今回は Mock は使用しないのでワークショップ中の Java のくだりは不要です


# amplify で使用する IAM User の作成
$ amplify configure

Specify the AWS Region
? region:  ap-northeast-1
Specify the username of the new IAM user:
? user name:  amplify-training1
Enter the access key of the newly created user:
? accessKeyId:  ********************
? secretAccessKey:  ****************************************
This would update/create the AWS Profile in your local machine
? Profile Name:  amplify-training1

# IAM ユーザーの確認
$ aws sts get-caller-identity --profile amplify-training1

amplify の初期化

先程作成した IAM ユーザー、または既存の IAM ユーザーを使用して、amplify を初期化していきます。
エディターはお好みで選択してください。
src ディレクトリもプロジェクトのルートディレクトリになってます(ここは src に変えたいですね)
また今回は静的ホスティング用の Build コマンドにしています。

# Amplify の初期化
$ amplify init

Note: It is recommended to run this command from the root of your app directory
? Enter a name for the project amplifynuxtsample
? Enter a name for the environment dev
? Choose your default editor: Visual Studio Code
? Choose the type of app that youre building javascript
Please tell us about your project
? What javascript framework are you using vue
? Source Directory Path:  .
? Distribution Directory Path: dist
? Build Command:  yarn generate
? Start Command: yarn start
Using default provider  awscloudformation

For more information on AWS Profiles, see:
https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/userguide/cli-configure-profiles.html

? Do you want to use an AWS profile? Yes
? Please choose the profile you want to use amplify-training1

どんな状態か以下のコマンドで確認できます。


# 状態の確認
$ amplify status

| Category | Resource name | Operation | Provider plugin |
| -------- | ------------- | --------- | --------------- |

# 環境の確認
$ amplify env list

| Environments |
| ------------ |
| *dev         |

Github のリポジトリ作成

この後、Github と連携したパイプラインを作成します。
dev 環境としているので、 develop ブランチも作成しておきます
以下は、develop ブランチで作業していきます。
本来であれば、feature/XXXXX などを切っていきますが、本記事では簡略化のため develop ですすめます。


# main ブランチ
$ git remote add origin ${REMOTE_REPOSITORY}
$ git branch -M main
$ git push -u origin main

# develop ブランチ
$ git checkout -b develop
$ git push -u origin develop

# ブランチの確認
$ git branch -a

* develop
main
remotes/origin/develop
remotes/origin/main

Hosting、パイプラインの設定

Github の develop ブランチにプッシュされると、dev 環境でビルドがおこなわれて自動でデプロイされるようにします。

選択の途中で、AWS のコンソールに飛ばされます。
こちらのチュートリアルに画像つきで、ポチポチの方法がかいてあるので参考にしてください。

スクリーンショット 2020-12-14 17.19.54.png

# hosting の追加。同時にパイプラインの作成
$ amplify add hosting

? Select the plugin module to execute Hosting with Amplify Console (Managed hosting with custom domains, Continuous deployment)
? Choose a type Continuous deployment (Git-based deployments)
? Continuous deployment is configured in the Amplify Console. Please hit enter once you connect your repository
Amplify hosting urls:

┌──────────────┬───────────────────────────────────────────────┐
│ FrontEnd Env │ Domain                                        │
├──────────────┼───────────────────────────────────────────────┤
│ develop      │ https://develop.d3acm6jof6wyyj.amplifyapp.com │
└──────────────┴───────────────────────────────────────────────┘


ただ、まだこの状態では動きません。

  • ビルドコマンド、ビルド成果物の反映
  • SPA のためのリダイレクト処理

が必要です。

ビルドコマンド、ビルド成果物の反映は、Amplify のコンソール
初期化時に設定したつもりにも関わらず反映されていません。

Amplify のコンソールの「ビルドの設定」という設定メニューからから
Amplify.yml という設定ファイルをダウンロードして、プロジェクトのルートに配置します。

スクリーンショット 2020-12-14 19.18.55.png

以下のように YAML 内のビルドのコマンドと、成果物の参照ディレクトリを変更します.

修正できたら、コミットしてリモートの develop ブランチにプッシュしましょう。
ビルド、デプロイが自動で実行されるはずです。

version: 1
backend:
  phases:
    build:
      commands:
        - '# Execute Amplify CLI with the helper script'
        - amplifyPush --simple
frontend:
  phases:
    preBuild:
      commands:
        - yarn install
    build:
      commands:
        - yarn generate
  artifacts:
    # IMPORTANT - Please verify your build output directory
    baseDirectory: dist
    files:
      - '**/*'
  cache:
    paths:
      - node_modules/**/*

SPA のためのリダイレクト処理はこちらの公式の説明 の通りに設定します。

Amplify のコンソールの「書き換えて、リダイレクト」という設定メニューからリダイレクトの設定を行います

スクリーンショット 2020-12-14 19.25.41.png

amplify status でホスティング先の URL を出力して、アクセスしてみましょう。
きっと Vue, Vuetify のロゴが並んでいることでしょう。

$ amplify status

Current Environment: dev

| Category | Resource name  | Operation | Provider plugin |
| -------- | -------------- | --------- | --------------- |
| Hosting  | amplifyhosting | No Change |                 |


Amplify hosting urls:
┌──────────────┬───────────────────────────────────────────────┐
│ FrontEnd Env │ Domain                                        │
├──────────────┼───────────────────────────────────────────────┤
│ develop      │ https://develop.d3acm6jof6wyyj.amplifyapp.com │
└──────────────┴───────────────────────────────────────────────┘

Auth の追加


# Auth 機能の追加
$ amplify add auth

Do you want to use the default authentication and security configuration? Default configuration
Warning: you will not be able to edit these selections.
How do you want users to be able to sign in? Email
Do you want to configure advanced settings? No, I am done.

# AWS のインフラに反映
$ amplify push

フロントエンドに Amplify のパッケージを追加

クライアント用の Amplify パッケージと、ログインなどの UI を簡単に作成する Amplify の Vue 用パッケージを入れておきます。

yarn add aws-amplify @aws-amplify/ui-vue

plugin として AmplifyClass を初期化して読み込む

plugins/amplify.js を作成して以下のように config を読み込みます。
aws-exports.js は Amplify の初期化時に作成されています。

せっかくの TypeScript なので、本来は ts ファイルとして作成し、Vue の型を拡張するなどしてください。

import Vue from 'vue'
import '@aws-amplify/ui-vue'
import Amplify from 'aws-amplify'
import awsconfig from '@/aws-exports'

Amplify.configure(awsconfig)
Vue.use(Amplify)

サインイン、サインアップページの作成

https://develop.xxxxxxx.amplifyapp.com/auth にサインイン、サインアップ用のページを追加します。

pages/auth.vue を作って、以下のコードを書く。これだけです。メールアドレスの所有確認のためのメール送信、認証番号の発行なども勝手にやってくれます。

詳細は Amplify の Vue の Latest パッケージ用のドキュメントを参照してください。
サインアップフォームから電話番号をなくすなど少しだけ細工しています。

User に関しては AWS コンソールの Cognito から見ることができます。

<template>
  <div>
    <amplify-authenticator username-alias="email">
      <amplify-sign-up
        slot="sign-up"
        username-alias="email"
        :form-fields.prop="formFields"
      ></amplify-sign-up>
      <amplify-sign-in slot="sign-in" username-alias="email"></amplify-sign-in>
    </amplify-authenticator>
    <div v-if="authState === 'signedin' && user">
      <amplify-sign-out></amplify-sign-out>
      <div>Hello, {{ user.username }}</div>
    </div>
  </div>
</template>

<script lang="ts">
import Vue from 'vue'
import { onAuthUIStateChange, AuthState } from '@aws-amplify/ui-components'

export default Vue.extend({
  name: 'AuthStateApp',
  data() {
    return {
      user: {} as Object | undefined,
      authState: {} as AuthState,
      formFields: [
        { type: 'username' },
        { type: 'email' },
        { type: 'password' },
      ],
    }
  },
  created() {
    onAuthUIStateChange((authState, authData) => {
      this.authState = authState
      this.user = authData
    })
  },
  beforeDestroy() {
    return onAuthUIStateChange
  },
})
</script>

スクリーンショット 2020-12-14 20.04.23.png

REST API の追加

REST API も追加してしまいましょう。認証による制御は行いませんが、Hello from Lambda とだけ返す API を作成します

aws-amplify の API クラスの使い方はこちらの公式を参照してください

Provide a friendly name の名前を API の名前として使用するので、良き名前に変えてあげてください。


# api の追加
$ amplify add api                            

? Please select from one of the below mentioned services: REST
? Provide a friendly name for your resource to be used as a label for this category in the project: apic0627710
? Provide a path (e.g., /book/{isbn}): /hello
? Choose a Lambda source Create a new Lambda function
? Provide an AWS Lambda function name: amplifynuxtsamplece4865cf
? Choose the runtime that you want to use: NodeJS
? Choose the function template that you want to use: Hello World

Available advanced settings:
- Resource access permissions
- Scheduled recurring invocation
- Lambda layers configuration

? Do you want to configure advanced settings? No
? Restrict API access No
? Do you want to add another path? No

Lambda の微修正

デモの関係上 localhost から叩いてしまうこともあり、CORS を鑑みて amplify/backend/functions/src/index.js を以下のように修正しておきます。

exports.handler = async (event) => {
  // TODO implement
  const response = {
    statusCode: 200,
    //  Uncomment below to enable CORS requests
    headers: {
      'Access-Control-Allow-Origin': '*',
    },
    body: JSON.stringify('Hello from Lambda!'),
  }
  return response
}

バックエンドに反映します

$ amplify push

クライアントからの API 呼び出し

pages/auth.vue を以下のように修正します。
ここで apiName は先程の Provide a friendly name で設定した値を入れてください

js
<template>
  <div>
    ...

    <div v-if="authState === 'signedin' && user">
      <amplify-sign-out></amplify-sign-out>
      <div>Hello, {{ user.username }}</div>
+      <div>{{ fetchedText }}</div>
+      <v-btn @click="onClickButton">Fetch</v-btn>
    </div>
  </div>
</template>

<script lang="ts">
  ...
  beforeDestroy() {
    return onAuthUIStateChange
  },
+  methods: {
+    async onClickButton() {
+      const apiName = 'XXXXXXXX'
+      const path = '/hello'
+      const init = {}
+      try {
+        const data = await API.get(apiName, path, init)
+        if (data) {
+          this.fetchedText = data
+        }
+      } catch (error) {
+        console.error(error)
+      }
+    },
+  },
})
</script>

動作確認

yarn dev してまずはローカルで動作確認してみましょう。
OK であれば develop にプッシュしてみましょう。
先程の hosting で使用した URL で同じ動作が確認できるはずです!

スクリーンショット 2020-12-14 21.54.33.png

まとめ

早い方は 60 分もかからずにここまで来てしまったのではないでしょうか?
より複雑なことをしようとすればもっと時間はかかりますが、以下のことがたったこれだけの労力で揃うのは Amplify さまさまだなと思います。

  • Cloud Front + S3 で Nuxt ベースのSPA
  • Amplify Console で Github ベースのデプロイメントパイプライン
  • Cognito を利用した認証
  • API Gateway + Lambda で API

また Amplify では管理画面も簡単に作れる機能がリリースされています。
余力があれば、管理画面と複数環境の作成ほうほうも追加できればと思います

もし先にやりたい方がいらしゃったら参考記事を御覧ください

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
3
Help us understand the problem. What are the problem?