Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Bitrise の接続先を、AWS CodeCommit から GitHub に変更する

0.はじめに

iOS や Android アプリについて、

利用させて頂いてたんですが…、

この度、バージョン管理を GitHub へ移行することとなりまして…、

せっかくなので、手順をシェアしておこうかなと。

1. Bitrise から GitHub へ接続用の SSH 公開鍵と秘密鍵を作成する。

  1. 以下のコマンドを実行します。
  2. 作成された公開鍵と秘密鍵を確認します。
    • 秘密鍵 : ./bitrise-ssh
    • 公開鍵 : ./bitrise-ssh.pub

2. 作成した SSH 公開鍵を GitHub へ登録する。

  1. Bitrise に接続する GitHub アカウントの「SSH and GPG keys」画面を開きます。
  2. 「SSH keys」欄の「New SSH key」ボタンを押下します。
    • FireShot Capture 391 - SSH and GPG keys - github.com.png
  3. 「SSH keys / Add new」画面で、以下の項目を設定し、「Add SSH key」ボタンを押下します。
    • Title : ※任意
    • Key : ※作成しておいた公開鍵の内容
    • FireShot Capture 393 - Add new SSH keys - github.com.png
  4. 登録された内容を確認します。
    • FireShot Capture 394 - SSH and GPG keys - github.com.png

3. 作成した SSH 秘密鍵を Bitrise へ登録する。

  1. Bitrise の対象となる APP の設定画面を開きます。
  2. 設定画面の 「Change SSH keypair」欄で、以下の項目を設定し、「I've added the Public Key」ボタンを押下します。
    • SSH Private Key : ※作成しておいた秘密鍵の内容
    • FireShot Capture 396 - Conne-iOS - Bitrise - app.bitrise.io.png

4. Bitrise に設定されている接続先リポジトリの URL を、 AWS CodeCommit から GitHub へ変更する。

  1. 設定画面の 「App settings」欄で、以下の項目を設定し、「Save changes」ボタンを押下します。
    • REPOSITORY URL : ※GitHubのリポジトリ
      • 例 : git@github.com:genbasupport[Organization 名]/[リポジトリ名].git
        • 元 : ssh://[SSH キー ID]@git-codecommit.ap-northeast-1.amazonaws.com/v1/repos/[リポジトリ名]
    • FireShot Capture 395 - Conne-iOS - Bitrise - app.bitrise.io.png

99.ハマりポイント

  • 今回は、ちょっとハマるぐらいでした。

  • やっぱり Bitrise のノウハウは少なめな気がする…。

XX.まとめ

以上、ご参考になれば ♪♪♪

👋👋👋

kusokamayarou
鹿児島市の企業に勤めて、枕崎でテレワークしてる IT エンジニアです。 最近、自分で事業をしようとちょっとずつ動き始めました。
http://kusokamayarou.hatenablog.com/
genbasupport
建設業を支えるコミュニケーション&マネジメントのサービスを開発・運営するエンジニアチーム
http://www.genbasupport.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away