Help us understand the problem. What is going on with this article?

PythonのGzipFileクラスはBufferedReaderを経由してreadされる

だからどうしたという話ですが、GzipFileを使ったコードを書いていて気がついたのでメモです。

GzipFileとは

Pythonでgzipを扱うクラスです。

コンストラクタにファイル名を渡すとローカルのGzipファイル、fileobjを渡すことでファイル「っぽい」Gzipオブジェクトの読み書きが出来ます。

BufferedReaderを使っている箇所

GzipFileのコンストラクタ内では、下の図のように

  • 実際のioClass(引数のfileobj、もしくはファイル名から取得したファイル)を
  • 実際の読み込みを行う_GzipReaderでラップ
  • さらに、それをBufferedReaderでラップ

する関係になっており、GzipFileをreadする時はBufferedReaderを経由することになります(※)。

gzip_class.png

※より正確には、_GzipReaderとIoClassの間に、_PaddedFileというクラスが挟まります

バッファのサイズを変えたい時

GzipFileはBufferedReaderのバッファーサイズにデフォルト(io.DEFAULT_BUFFER_SIZE)を使います。

読み込み対象のioによっては、より大きな単位でバッファしたい時もあるかもしれません(※)。
が、GzipFileの機能ではバッファサイズが変更出来ないようなので、GzipFileのfileobjにBufferedReaderを渡しましょう。

※ 例えば、GCSはダウンロードする単位が小さい(数KB単位)だと、パフォーマンスが落ちるそうです

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away