Edited at

本格的なiOS開発でよく使うツール

More than 1 year has passed since last update.


本格的なiOSの開発に必要なツール類

個人開発ならXcode・Carthage・CocoaPodsがインストールされていれば十分だが、会社などチームで開発しようとすると、各種ツールのバージョン管理が必要となり、色々前提ツールが増えてくるのでまとめる

Xcodeは必要なバージョンをインストールしてあること前提



  1. Homebrew


    • macOS用パッケージマネージャー

    • 下記ツールをインストールするための前提




  2. rbenv


    • rubyのバージョン管理ツール

    • Macにデフォルトで入っているRubyだと何かと不都合が多いので、このツールでバージョンを自由に切り替えたり、ディレクトリ毎にバージョンを指定したりできるようにする


    • :warning: よく上手くインストールできなくて引っかかる部分(後述)




  3. bundler


    • gemパッケージの管理ツール

    • CocoaPodsやfastlaneなどをこれでバージョン管理・インストールする




  4. Carthage


    • ライブラリ管理ツール




  5. GitHubに対するssh接続


    • fastlaneでCertificateを管理していたり、SSOを導入しているGitHubのOrganizationで作業をする時に必要




  6. mergepbx (optional)


    • コンフリクトしやすい.xcodeprojをよしなにマージしてくれるツール


    • XcodeGenを使用するなら不要



  7. SlackとかGitHubのアイコンを自分の推しに変える(最重要)


    • アニメでもアイドルでも何でもいいので自分の推しに変える

    • デフォルトアイコンだと誰だか見分けが付かない



個別のインストール方法はrbenv以外公式ページ通りやれば詰まるところはないはずなので割愛


構築時によく引っかかる所


rbenv をインストールしたはずなのに ruby -v が期待したバージョンになってない

ターミナルで which ruby を叩いても /Users/YOUR_USER/.rbenv/shims/ruby など、rbenv配下のrubyを見ずに、Macにデフォルトでインストールされているrubyを見ているパターン

下記のようにインストールすれば解決可能

brew install rbenv

echo 'export RUBY_CONFIGURE_OPTS="--with-openssl-dir=$(brew --prefix openssl) --with-readline-dir=$(brew --prefix readline) $RUBY_CONFIGURE_OPTS"' >> ~/.bash_profile
echo 'if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

参考


rbenv で必要なrubyバージョンをインストールしてるのに、bundlerの実行時にバージョンが違うと言われる

パスがrbenvでインストールしたrubyでなく、システムのrubyを見るようになってると思われる

(bundler自体もrbenvのほうではなくシステムのrubyにインストールされてしまっている)

上述の用にrbenvをインストールする ( or インストール済みの場合は brew install rbenv 以外を実行する) で直るはず