Linux
CentOS
ターミナル
日本語入力
キーボード

CentOS5のターミナルで、キー配列を英字から日本語に切り替える


デバッグを頼まれたサーバー機器・・・

ターミナルにログインしたら英字キー配列になっていた・・・

おいおい「:」のキーどこだよ!Vimが閉じれないよ!あああ設定消えたぁ!


そんな貴方(私)のためのTIPSです。

注記1:

CentOS7以降は、方法が異なります。

注記2:

GUIを利用している場合、日本語入力ソフト側の問題である可能性があります。

「OSアップデート後に日本語入力できなくなった!」という場合は

こちらを疑ってみたほいがよいかもしれません。

素晴らしい記事(私も助けられた)があったので共有です↓

http://note.kurodigi.com/ibus-mozc-kbdlayout/


一時的にキーマップを変更するならloadkeysコマンド

loadkeysコマンドで、一時的にキーマップを変更することができます。

$ loadkeys jp106

Loading /usr/lib/kbd/keymaps/i386/qwerty/jp106.kmap.gz
→ ねんがんの 日本語キー配列 をてにいれたぞ!(注:こんな表示は出ません)

英字キー配置に戻す場合は、以下のコマンドを実行します。

$ loadkeys us

Loading /usr/lib/kbd/keymaps/i386/qwerty/us.kmap.gz

一般ユーザーだとpermissionエラーが出るかもしれませんが、

その場合は、rootユーザーかsudo でloadkeysコマンドを実行してください。


永続的にキーマップを変更する(設定ファイルでキーマップを設定する)

キーマップは設定ファイルに書かれているので、これを変更しキーマップを設定します。以下は設定例です。

usキーボード

# cat /etc/sysconfig/keyboard
KEYBOARDTYPE="pc"
KEYTABLE="us"

jpキーボード

# cat /etc/sysconfig/keyboard
KEYBOARDTYPE="pc"
KEYTABLE="jp106"

以上、どなたかの参考になれば幸いです。