Linux
CentOS
ext4
パーティション管理
ラベル

Linuxでパーティションにラベルをつけよう

パーティションにラベルを付けると管理でラクができます。

fstabを見ると「LABEL=/boot」とか書いてあることがありますよね。

代表的なext系ファイルシステムのラベルを操作するe2labelコマンドを紹介します。


ラベルを確認する

e2label デバイス名

こんな感じで使います。

# e2label /dev/sda1

/boot

ラベルが付いて無い時には、以下のように空行が表示されます。

# e2label /dev/sda2


ラベルを付ける

e2label デバイス名 ラベル

こんな感じで使います。

# e2label /dev/sda2 /hoge

確認してみましょう。

# e2label /dev/sda2

/hoge


ラベルを変更する

これはラベルを付ける場合と同じです。

試しに変更してみましょう。

# e2label /dev/sda2

/hoge

これを

# e2label /dev/sda2 /fuga

こうすると

# e2label /dev/sda2

/fuga

変わったね!


ラベルを削除する

このやり方が意外とどこにも書いてないんですよね。

以下のやり方で出来ます。

e2label デバイス名 ""

こんな感じで使います。

# e2label /dev/sda2 ""

確認してみましょう。

# e2label /dev/sda2

消えたね!