Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows で Textbringer-presentation を使いたい

概要

Ruby で作られたテキストエディタ Textbringer (https://github.com/shugo/textbringer)にはプレゼンテーションモード(https://github.com/shugo/textbringer-presentation)があります。これを Windowsで使いたいと思います。

環境

Windows と言っても Windows10 で WSL を使うのであれば簡単です。以下の環境で行います。

  • Windows 10 Home 64bit バージョン 1903
  • WSL(Windows Subsystem for Linux)を利用
  • Ubuntu 18.04 LTS
  • WSLtty
  • rbenv
  • ruby 2.6.5p114 (2019-10-01 revision 67812) [x86_64-linux]

Textbringer のインストール

https://qiita.com/kurod1492/items/c759c1533ae98d937d95の記事に書いていますのでご覧ください。

Textbringer-presentation のインストール

gem でインストールすることができます。

$ gem install textbringer-presentation

textbringer で markdown ファイルを開き M-x presentation を実行すればプレゼンテーションを開始することができます。
q を押すとプレゼンテーションを終了します。

mlterm のインストール

WSLtty では画像を表示することができませんでした。mlterm を使えば表示できたので、mlterm を使うことにしました。
apt でインストールします。

$ sudo apt install mlterm

mlterm で使うときの設定が Textbringer の README(https://github.com/shugo/textbringer/blob/master/README.md)に書かれていますのでそのようにします。

libsixel、imagemagick のインストール

画像を表示するために libsixel と imagemagick が必要のようで、以下のようにパッケージでインストールします。

sudo apt install imagemagick libsixel1 libsixel-bin

これで画像を表示することができます。
以下の画像は mlterm で Textbringer の README の Screenshot のスライドを表示しているスクリーンショットです。

wsl-mlterm-textbringer-presentation-fig.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away