Help us understand the problem. What is going on with this article?

成り上がりたくて必死に読んだ感謝の技術書6冊

はじめに

※長いので飛ばしちゃってOKです。

遊び呆けていた私文の私は、求人票の一番上にあったSESの会社に入社。

駆り出された現場では、デスマーチが横行し、土日連続出勤を繰り返す日々。

大晦日、出向先で働いていた時、

なんで自分は立場も技術力も弱いんだ。成り上がりたい

と固く誓い、必死に技術書を読み漁りました。

その結果、希望するWeb系の会社に転職でき、そこで素晴らしいメンバーにも出会うことができました。

現在では、スタートアップでリードエンジニアをしながら、技術書を読み進めています。

→ その後、スタートアップを共同創業して、yaritori - メール共有システムというサービスを作っています。

そんなの人生を変えてくれた技術書たちに感謝を込めて、ここで紹介したいと思います。

感謝の技術書①リーダブルコード

みんなが昼休みに昼寝をする中、未来に期待を寄せて読んだ感謝の一冊。

プロジェクトメンバーのコードがひどいことに気付かされたり、
それにも増して自分のコードが読みにくいことを強烈に思い知らされた

技術書を読む習慣がない人にこそ読んでほしい。

リーダブルコードを読んだので、殴り書き
が素晴らしい。

感謝の技術書②JUnit実践入門

初めてテストコードを書くことになったときに買った本。
SIerのお客さんから「このプロジェクトでは単体テスト必ず書いてね」と言われ、
テストコードの存在すら知らなかった私は、とりあえずこの本を購入。

足し算をする関数に 1と1渡したらそりゃ2が返るだろ。意味あるんか。
などと思っていたが、読み進めるうちにテストを書きたくて仕方がなくなった一冊。
「転職先はテスト書いているところが良い!」と思うきっかけになった。

感謝の技術書③パーフェクトJava

「良いコードを書くには、その言語自体を知らなければ!(多く知っていた方が有利に決まっている!)」
と考え、パーフェクトという名前につられて購入。
読めば読むほど、他の同僚に差をつけられる気がして電車の中で読んでいました。

ここでリフレクションを学び、「そんなことできるんか!」と黒魔術的なコードを書きまくったのは良い思い出。

感謝の技術書④Ruby on Rails 4 アプリケーションプログラミング

転職先でRailsを使うことになり、「やっぱり最初は本からでしょ!」といきり立って購入。
実践的な使い方が多く書いてあったりして、「Railsめっちゃすごいやん!」となった一冊。

これから、Rails始めるぞって人にはおすすめです。
今だとRails5の本があると思います。

感謝の技術書⑤Effective Ruby

もう一歩先に行きたくて、背伸びをして読んだ一冊。

内容は具体的なものが多い。

  • reduceを使ってコレクションを畳み込む方法を身に付けよう。
  • raiseにはただの文字列ではなくカスタム例外を渡そう。
  • ensure節は最後まで実行して抜けるように作ろう。

など、知っておくともっと良いコードが書けることやパターンを知ることができた。

感謝の技術書⑥プログラマが知るべき97のこと

超絶プログラマのコラムが多く書いてある本。
読むだけでわくわくするので、モチベを上げたいときに読んでいた。

実はWebで無料で読めるらしいです。知らなかった。。

プログラマが知るべき97のこと

ボーイスカウト-ルールとか良かった記憶。

おわりに

いかがでしたでしょうか。技術書は知識や経験を共有できる素晴らしい書物です。
まだ読まれていない方は、是非好きな本を見つけてみてください。
 
@y_tsubukuが開発するyaritori - メール共有システムも、良ければご覧ください :tada:

kurkuru
💼 Onebox株式会社でCTOをしています。 📧 yaritoriというメール共有サービスをつくっています。 👨‍💻 Go/React/Ruby/Java/PHP/React Native/IntelliJ IDEA 💬 twitterのDMから承っております。
https://yaritori.jp/
kojin-dev
kojin-devは個人開発者による、各々知見を共有するためのコミュニティです。
https://kojin-dev.connpass.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away