Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS Lambda× Goを試す

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

AWS LambdaでGoがサポートされたので、早速、試してみました。

この記事では、

  • AWS Lambdaの簡単な使い方
  • AWS LambdaでGoを動かす方法

を紹介しています。

ザクザク行けば、10分くらいでLambdaの実行までいけると思います

Lambdaを作成する

AWS Lambdaのトップから、関数の作成を選択
Lambda_Management_Console.png

名前やロールなどを設定し、関数の作成を選択
ランタイムはGo 1.Xとします
ロールは、使用されるリソースに応じてお好みで。
aws_lambda_sample.png

Lambdaで動かすGoを作る

公式ライブラリを使用する

公式のGoのライブラリgo getします。

go get -u github.com/aws/aws-lambda-go/lambda

コードを書く

※公式のサンプルのまま書いています。

main.go
package main

import (
    "github.com/aws/aws-lambda-go/lambda"
)

func hello() (string, error) {
    return "Hello ƛ!", nil
}

func main() {
    // Make the handler available for Remote Procedure Call by AWS Lambda
    lambda.Start(hello)
}

ビルドする

ビルドのターゲットは以下を指定

GOOS=linux GOARCH=amd64 go build -o hello

これで、 helloという名前のバイナリがカレントディレクトリに生成されます。

$ ls
hello          main.go

zipに圧縮する

手動アップロードの場合、Lambdaに上げる時はzipで上げなければいけないため、固めます。

$ zip hello.zip hello 
  adding: hello (deflated 66%)
$ ls
hello              hello.zip          main.go

アップロード

アップロードから、先程作成したhello.zipを選択してアップロードを実行します。
アップロード後は、右上のテストボタンを選択します。
Lambda_Management_Console.png

テスト

テストを作成します。作成後、右上の保存を選択してください。
Lambda_Management_Console2.png

テストを実行すると…
ちゃんと、 Hello ƛ!と出力されています :tada:
Lambda_Management_Console3.png

終わりに :airplane:

読んで下さりありがとうございます。
今回はサンプルだけなので、次回は実際に活用した記事を書く予定です。

kurkuru
Go/React/Ruby/Java/PHP/React Native/IntelliJ IDEA メッセージは twitterのDMから承っております。 https://twitter.com/y_tsubuku
https://ytsubuku.com
ulysses-inc
BtoB SaaS "KAMINASHI"を開発・運営するスタートアップです。
http://www.ulysses-ltd.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした