Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

iPadのSwift PlaygroundsでもSwiftUI書けるじゃん!

TL;DR

Swift Playgrounds v3.1以上ならSwiftUIが書ける。

スクリーンショット 2019-10-30 14.55.58.png

注意点

Swift Playgroundsで実装したViewをliveViewで表示するには、以下のように書く必要がありますね。

SampleForUIKit.swift
import UIKit
import PlaygroundSupport

class MyViewController: UIViewController {
    // 省略
}

PlaygroundPage.current.liveView = MyViewController()

liveViewで表示するためにはPlaygroundLiveViewableなるプロトコルに準拠したclassでなければならないそうです。
SwiftUIのviewはこのプロトコルに準拠していないようなので、SwiftUIで用意されているUIHostingControllerを使うことでliveViewで表示できるようになります。

SampleForSwiftUI.swift
import SwiftUI
import PlaygroundSupport

struct ContentView: View {
    var body: some View {
        VStack {
            Text("Turtle Rock")
                .font(.title)
            Text("Joshua Tree National Park")
                .font(.subheadline)
        }
    }
}

PlaygroundPage.current.liveView = UIHostingController(rootView: ContentView())

ほらこの通り。
BDB1DE83-37FD-43A1-AB2A-AD14AB103D62.png

※ContentViewのコードは公式のチュートリアルを引用しています。

ひとこと

SwiftUIが出たもののiOS 13以降でないと使えないため、プロダクトでサポートするOSバージョンを考えるとあと2〜3年は使えないなぁ……と思いほとんどキャッチアップしていませんでした。
とはいえ、カジュアルにSwiftUIを書いていければいざ移行する時に早いのでは?と思いふとSwift Playgroundsで import SwiftUI と書いたら……なんと!!

これで気軽にスイスイSwiftUIできますね(๑•̀ㅁ•́๑)✧

参考

kurapy-n
iOSエンジニア。Google Apps Scriptが好きです。
fablic
満足度No.1 のフリマアプリ「ラクマ」を運営しています。
https://fril.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away