0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Organization

Facebook のMessenger でPower Virtual Agents を使用する

こんにちは。日本マイクロソフトの向井です。
今回はFacebookのMessengerでPower Virtual Agents を使用する方法をご紹介します。

基本的には以下のDocs の手順で設定を行っていきますが、少しわかりにくいと思いますのでこちらの記事ではスクリーンショット付きで手順をご紹介します。
Facebook へのボットの追加

対応しているDocsの箇所を分かりやすくするために各章のタイトルにリンクを貼っておきます。

1. Facebook アプリ設定を構成する

Docsの手順を行う前に、まず、Facebook開発者として登録を行う必要があります。
ここでは詳しい手順は省きますが、私は以下のページを参考にさせていただきました。
acebook developersとは?開発者登録のやり方とFacebookアプリの作成方法を解説

開発者として登録ができたら、Facebook上でアプリの作成を行います。
マイアプリ>アプリを作成
image.png

今回はビジネスを選択しました。
image.png

必要事項を入力してアプリを作成します。
image.png

Docsはこのアプリ作成までが完了している前提で説明が書かれています。

Facebook アプリ情報を取得する

設定>ベーシック からアプリIDとapp secretを確認し、メモ帳などにコピーしておきます。
image.png

Facebook アプリの API アクセスを有効にする

設定>詳細設定 から「アプリ設定へのAPIアクセスを許可」にチェックをし、変更を保存します。
image.png

Facebook メッセンジャーをアプリに追加する

ダッシュボードのアプリに製品を追加からメッセンジャーを追加します。
※スクリーンショットを取り忘れたので画像はDocsから引用しました。
image.png

Facebook ページを構成する

Messenger>設定 から新しいページを作成します。
image.png

必要な情報を入力し、ページを作成します。
image.png

ページの作成後、先ほどのページに戻ります。
ページを追加または削除を選択します。
image.png

先ほど作成したページを選択して次へを押します。
image.png

メッセンジャーでのページ会話の管理とアクセスをはいに設定して完了をクリックします。
image.png

ハイライトしたページIDは後をど使うのでメモ帳などにコピーしておきます。
トークンを生成ボタンを押します。
image.png

トークンもメモ帳などにコピーしておきます。
image.png

2. Power Virtual Agents で Facebook チャネルを構成する

Power Virtual Agentsのサイトを開きます。
管理>チャネル からFacebookを選択します。
image.png

  1. でメモ帳などにコピーしておいた情報を入力します。 image.png

画像のように成功メッセージが出ればOKです。
※上手くいかないときはアプリシークレットなどの入力情報の大文字小文字があっているか確認してみてください。私はOneNoteにメモを取っていたら、最初の文字が自動で大文字になっていて上手くいきませんでした・・・
image.png

コールバックURLとトークンの検証をメモ帳などにコピーしておきます。
image.png

3. Facebook アプリを Power Virtual Agents に接続する

Facebookに戻ります。
Messenger>設定>Webhooks でコールバックURLを追加をクリックします。
image.png

先ほど2. でメモしておいたコールバックURLとトークンを検証を入力して確認して保存をクリックします。
image.png

サブスクリプションの追加を選択します。
image.png

以下にチェックをつけて保存します。
・messages
・messaging_postbacks
・messaging_optins
・message_deliveries
image.png

4. 動作確認

実際にアプリを公開するにはこちらのDocsに記載がある通りFacebookの審査が必要です。

今回はデモ用に作成したので、開発者ユーザーで動作の確認を行いました。
ページのボタンを押すとメッセージが送れるように設定しています。
ボタンをテストを押します。
image.png

トリガーフレーズである「こんにちは」を入力しました。
今回作成したボットはAAD認証を必須にしているので、ログインを求められました。
image.png

ログインをクリックすると、Microsoftアカウントでログインをする画面に移ります。
image.png

ログイン後、認証コードが発行されました。
image.png

このコードをチャットで送信します。
すると、ログインしましたというメッセージの後にPower Virtual Agentsで設定したメッセージが届きました。
image.png

念のため、Power Virtual Agents側でもテストをしてみます。
「こんにちは」と入力すると、ログインを求められ、認証コードを入力すると、先ほどと同様のメッセージが届くことを確認できました。
image.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What are the problem?