Help us understand the problem. What is going on with this article?

クラウド向けの New Relic の新しい料金計算の考え方: CU(Compute Unit) とは

More than 3 years have passed since last update.

アドベントカレンダー15日目。今日は、技術的な話しではなく、アプリケーションパフォーマンス監視の New Relic APM とインフラ監視製品の New Relic Infrastructure の料金体系について説明します。

New Relic では、ちょっと前まで、New Relic APM の料金体系はホスト単位でした。つまり、利用台数 x 固定費といった考え方でした。

しかし、現在は、変動が激しいクラウド環境向けに、柔軟な料金体系を提供しています。これにより、性能の低い環境を使っている場合は、従来よりも低コストで利用が可能となっています。

CU (Compute Unit) とは

この料金計算に使う基礎となる単位が、CU (Compute Unit) です。

CU の使った料金体系は以下となります。:

  • APM (年契約):
    • PRO: 25 - 200 ドル/月
    • Essentials: 12.5 - 100 ドル/月
  • Infrastructure (年契約):
    • PRO: : 1.80 - 14.40 ドル/月
    • Essentials: : 0.90 - 7.20 ドル/月

※ 月契約だと、APM は3倍くらい。Infrastructure は2倍くらい高くなりそう。

ちなみに、オンプレミスの場合は以下となります。

  • APM (年契約):
    • PRO: 150 ドル/月
    • Essentials: 75 ドル/月
  • Infrastructure (年契約):
    • PRO: : 14.40 ドル/月
    • Essentials: 7.20 ドル/月

CU の計算方法

CU の計算式は、以下となります。

CU = (CPU 数 + RAM のギガバイト) x 使用時間

1ヶ月まるまる使用する場合を、750時間として計算します。

例えば、2 CPU 、2 GB の RAM の環境で、3 時間使用した場合は、12 CU となります。

(2 CPU + 2 GB の RAM) x 3 時間 = 12 CU

2 CPU 、2 GB の RAM の環境で、1ヶ月(750時間)使用した場合は、3000 CU となります。

料金計算のシュミレーター

それぞれの製品の価格ページにシミュレーターがあって、ポチポチするだけで、見積もりが分かるので、是非試してみてください。(CU とかあんまし気にせずにできるのでオススメ)

以下は、New Relic Infrastructure の価格ページです。選択すると、自動的に、金額と CU が表示されます。

newrelic_pricing_cu.png

ホスト単位の場合とどう変わるのか?

CU 単位となると、低いスペックの場合に安くなることはわかったと思います。では、クラウド特有の増減に対しての柔軟性はどうなのでしょうか?ホスト単位の場合は、増えるとその分、追加料金となります。クラウドは、CU 単位となりますので、以下のようになります。

例として、t2.small x 2 インスタンス を使っているとします。その場合、CU は、4500 で、$5.40 となります。このインスタンスサイズを t2.medium x 1 インスタンスに変えたとします。その場合も、CU は、4500 となります。よって、料金は変わりませんので、契約の変更も必要ありません。

このように、契約している CU 以内であれば、インスタンスのサイズの変更にもある程度柔軟に対応できます。

まとめ

どうでしたでしょうか? CU についてなんとなく理解できたでしょうか? 以下のドキュメントにも CU について書いてあるので、「Compute Unit 価格とホストの価格」をご覧ください。

kumatronik
基本、Rails エンジニア。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした