Help us understand the problem. What is going on with this article?

New Relic APM: 無料版と有料版の違い。無料版の機能紹介。

More than 3 years have passed since last update.

Advent Calendar 2日目です。1日目に引き続き担当します。

今日は、New Relic APM の無料版(Lite)と有料版(Essential/Pro)の違い及び、無料機能を簡単に解説したいと思います。(Standardについてはまとまった情報がないので、割愛します)

Lite と Essential と Pro プランの違い

Lite Essential Pro
データ保持期間 (キー・メトリクス) 利用不可 制限なし 制限なし
データ保持期間 (全集計メトリクス) 1日 3日 90日
データ保持期間 (集計されないInsights イベント) 1日 3日 8日
サポート コミュニティフォーラム Webサイトとメール Webサイトとメールと(電話)
パフォーマンス測定(スループット、レスポンスタイム、エラー率、Apdex※)
外部サービスとのパフォーマンス測定
DB のメトリクスと SQL トレース
アプリのエラー一覧とそのフィルタリングと詳細解析
トランザクションレベルのパフォーマンス分析と詳細分析
月単位の SLA レポートとデプロイ追跡
JVM モニタリング
スレッドプロファイルと X−Ray セッション
アラート通知
ダッシュボードのカスタマイズ
サービスのトポロジーマップ
マルチアカウント管理
SSO/SAML での統合

※ 公式サイトには、 Essential は、期間限定で利用可能なプロモーション価格とあります。なので、たぶん、一定期間このプランで使っていると、New Relic から問い合わせがくると思う。

※ Apdex : ユーザー満足度

New Relic では、ユーザー満足度を Apdex という指標で計測しています。Apdex とは、Application Performance Index の略で、アプリケーションのパフォーマンスを評価するためのオープンスタンダードな指標です。
明確な公式があり、それにもとづいて、スコアを算出します。レスポンスタイムを「満足」「許容」「不満」の3つに分けそれを公式に当てはめます。

Apdexスコア = (満足数 + 許容数 / 2) / アクセス合計数

満足とする値は、自分で設定する。New Relic では、Apdex は、アプリ(APM)とブラウザ(Browser)で別々に設定、計測します。New Relic のアプリのデフォルトは、0.5秒、ブラウザのデフォルト値は、7秒に設定されています。(設定画面で変更可能)

Apdex については、結構、ネットで解説されている方がいるので、詳しくはそちらをご覧ください。
New RelicのApdexって何?

アプリケーション一覧

APM のトップページ

apm_index.png

概要ページ

apm_summary.png

メインの概要ページでは、ぱっと見でパフォーマンス(レスポンスタイム、Apdexスコア、スループット)を時系列で確認できます。また、時間帯は、画面上の「TIME Piker」を選択して、絞りこめます。また、レスポンスタイムのグラフで、範囲をドラッグ&ドロップで囲んでも絞り込めます。時間帯は、表示する期間といつのデータから、表示するかの2つを指定します。Lite の場合は、開始日は指定できなくて、期間も24時間までの指定となります。Pro は、3ヶ月分間のデータまで1度に表示可能です。
また、Browser を使っている方は、連携しており、アプリのレスポンスタイム、Apdex と一緒に Browser の値も合わせて表示しています。これにより、遅いときに、サーバーだけでは気づかない範囲まで気づくことができます。

トランザクション一覧 (Transactions)

左メニューの Transactions か Overview ページのトランザクションを選択すると、この画面が出ます。「TIME PICKER」で指定されている時間帯のパフォーマンスの遅いトランザクションのリストとなります。いくつかフィルター項目があるので、様々な視点からトランザクションを分析できます。

apm_transaction_summary.png

トランザクション詳細

トランザクション一覧から、任意のトランザクションを選択すると、そのトランザクションの情報が見れます。もちろん、「TIME PICKER」で時間帯を変更したり、グラフないで、ドラッグ&ドロップで時間帯を絞りこんでより、ピンポイントに情報を確認できます。

apm_transaction_detail.png

予告

3日目の明日は、今日の続きを書きたいと思います。トランザクション詳細では、Pro 機能では、さらに詳細な情報までみることができます。そこについて明日は紹介したいと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away