Help us understand the problem. What is going on with this article?

New Relic Insights って何? 他のダッシュボードサービスと何が違うの?

More than 3 years have passed since last update.

Advent Calendar 6日目は、New Relic Insights (インサイト)というサービスにについて紹介したいと思います。これは、New Relic の他の製品とかなり毛色のかわったサービスです。わかりやすくいうと、ダッシュボードサービスです。New Relic 的には、リアルタイム分析プラットフォームと謳っています。どちらかというとビジネス向けの機能です。

insights_top2.png

他のダッシュボードサービスと何が違うの?

他のダッシュボードサービスについて詳しくないのですが、New Relic ならではの特徴が 2 つあるかなと思っています。1つ目は、データソースとして、New Relic の他の製品が収集したデータを利用できまること。そのため、データソースの設定が必要ありませんし、APM を使って言いる場合は、すぐに分析が始められます。2つ目は、専用のクエリ言語 (NRQL) があることです。これにより、専用のエンジニアでなくても、使い方が分かっていれば、直ぐにクエリを書き換えて、見たいデータを見ることができます。

デジカでの使い方

弊社では、Insights で、Komoju という決済サービスにおける各種データを見えるようにしています。例えば、各種支払方法別の割合や、売上推移、顧客平均単価やコンバージョンレートなどです。以下に紹介するデータソースとNRQLを組み合わることで、他の製品単体ではできないような、非常に強力なパフォーマンス分析ツールであり、ビジネス分析ツールになります。

デフォルトだけでも多くのデータソースが使える

現在、New Relic は、データソースとしてデフォルトで以下、4 製品のデータを Insights 上で利用できます。

  • APM: トランザクションデータ、エラーデータ
  • Browser: ページビューデータ
  • Mobile: クラシュデータ、インタラクションデータ、セッションデータ
  • Synthetics: Synthetic チェックデータ、Synthetic リクエストデータ

例えば、APM のトランザクションデータでは、データベースの呼び出し回数、HTTP のレスポンスコード、パス、ホストやユーザーエージェントなどを利用できます。
それにより、APM が提供しているダッシュボードでは見れないデータの表示や比較なども行えます。

このダッシュボードのいいところは、複数のデータソースのデータを1つダッシュボードにまとめて見れることです。トランザクションデータ、ページビューデータ、Sythenticsのデータを組み合わせて、総合的なサイトの情報の比較が簡単に行えます。

また、Insights では、複数のアプリを利用している場合は、アプリ名を指定して、データを絞る必要があります。逆に言えば、アプリを跨いだデータの比較もできるということです。

データソースの絞り込みは、NRQL で

NRQL は、New Relic Query Language の略で、New Relic が SQL をベースに独自に開発した、クエリ言語です。これを使って、上記のデータソースから、データを絞り込みます。SQL ベースなので、基本的には SELECT, FROM, WHERE を使います。例えば、ブラウザの Apdex スコアを取得するNRQLは以下のようになります。

SELECT apdex(duration, t: 2.0) FROM PageView WHERE appName='Komoju'

SELECT では取りたいデータ、FROMはデータソース(イベント)、WHEREはここでは、アプリ名を指定しています。

insights_01.png

insight_query_02.png

insight_query_03.png

insight_query_04.png

基本的には、上記のように NRQL を書いていくことで、様々なデータリストやグラフを作成し、ひとつのダッシュボードにまとめ、日々眺め、必要に応じて、修正や追加を行うといった感じです。すごい簡単な紹介ですが、雰囲気は分かってもらえるかと思います。

NQRL の構文やキーワードはNRQL referenceに詳しく書いてあります。

NRQL いらずの データエクスプローラー

ただし、NRQL のキーワードはいくつかなじみのないものも多く、慣れるまで多少勉強が必要になります。そこが、エンジニア以外も使えると言っておきながら、なかなかとっつきずらい点でした。しかし、Future Stack 15 の際に、Insights のデータエクスプローラーを大幅に変更したというアナウンスとデモがありました。データエクスプローラーは、それまでは単に、収集したデータのリストが見えるだけでした。しかし、今は違います。今は、以下のような画面となっています。

data_explorer.png

つまり、今では、クリックで条件を指定していくだけで、自動的にNRQLが作成され、ダッシュボードに追加できるようになりました。これにより、本当にエンジニア以外の方でも、画面上でポチポチ試行錯誤しながら、自分だけで見たいデータを見ることができるようになったのです。これは、非常に強力な機能であり、Insights を1段上のサービスに押し上げたと思います。

おわりに

今回は、非常にさらっと Insights について紹介しました。ある程度サービスの利用イメージが分かって頂けたかと思います。

ただ、弊社でもそうですが、New Relic がデフォルトで収集するデータだけでは、ビジネスで経営判断に使っていくには、データが足りません。そこで、独自のデータを送信する機能である、カスタムイベント API を組み合わせることで、Insights の可能性が大幅に広げることができます。それは、また別の日に紹介したいと思います。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away