Posted at
New RelicDay 21

New Relic Insights でドリルダウンできるダッシュボードを作る方法

More than 1 year has passed since last update.

New Relic アドベントカレンダー21日目は、New Relic Insights でドリルダウンできるダッシュボードを作る方法です。何を言っているか分からない方もとりあえず、以下を見てもらえればイメージはつくと思います。

New Relic Insights は、ダッシュボードサービスです。 New Relic APM など各製品が収集したデータを自由に使って、好きな条件、好きな見た目(表、円グラフ、棒グラフなど)でダッシュボードを作れるサービスです。それも、New Relic Insights の UI だけで作れます。

上図は、New Relic Browser の Page View のデータを元に様々なチャートのあるダッシュボードです。

このダッシュボードの右上の URL 別のページビュー数のリストと、ブラウザ別のページビュー数のパイチャートに、フィルターの設定をしています。

フィルターの設定をすると、そのチャートの項目を軸に他のチャートのデータを更新できます。

フィルター指定前:

フィルター指定後:

上図をみると、最初に URL リストから一番上の URL を選択すると、それ以外のチャートの内容が変更されているのが、わかると思います。フィルターした項目は、タイトルの上に表示され、どの項目でフィルターしているのか分かります。

このラベル右上のばつをクリックすると、ファイルターが解除されます。

ドリルダウンできるダッシュボードがどういったものかイメージができたでしょうか? では次にこういったダッシュボードをどうやって作るのか解説します。


ドリルダウンできるダッシュボードの作り方


  1. まず、基本となるダッシュボードを作っておきます。(作る時点である程度、どういった項目でフィルターをかけようか考えておくと、より効果的なダッシュボードが作れると思います。)

  2. ダッシュボードができたら、右上の Edit を押します。

  3. フィルターを設定したいチャートを選択し、
    アイコンをクリックします。


  4. リンク先のダッシュボードを選択します。今回は、現在のダッシュボードが対象なので、"Current dashboard" を選択します。

  5. "Link" を押します。

これで、設定したチャートの項目をクリックすると、フィルターできるようになりました。

以下は、地域別(By City)のチャートにフィルターを設定する場合の動画です。

この方法は、ドキュメント: ダッシュボードの絞り込みにも書いてありますので、そちらも参考にしてください。


まとめ

以上、どうでしたでしょうか? フィルター付きのダッシュボードを使うことで、データ分析をより効率的に行えるようになります。