Help us understand the problem. What is going on with this article?

9: 基礎編 5: サーバー監視 - New Relic を使ったアプリケーションのパフォーマンス監視入門

More than 1 year has passed since last update.

初回の「理論編 1: アプリケーションパフォーマンス監視とは」で、アプリケーションのパフォーマンス監視に必要なこととして、以下の5つを挙げました。このうち、下から3つは既に説明しました。今回は残り2つのサーバー監視設定変更の監視について紹介します。

  • サーバー監視: サーバーの健康状態を監視し、運用が効率的に維持できるようにする
  • 設定変更の監視: システムの設定を監視し、いつ変更されたのか特定できるようにする
  • アプリケーションパフォーマンスの監視: アプリやサービスを監視し、期待どおりに動作していることを保証できること
  • 外形監視: ユーザーが問題に気づく前に問題を把握できるように、アプリがユーザーの期待どおりに機能しているかを調査できるようする
  • アラート: 問題発生時に適切な対応者へ連絡できること

サーバー監視に関しては、OSS を含め非常に多くの製品やサービスが存在します。New Relic でももちろんカバーしており、それが New Relic Infrastructure です。

New Relic Infrastructure

New Relic 製品を利用する利点としては、前回紹介ように他製品と連携できるので、アプリケーション全体を通して比較、確認できる点や比較がし易い点です。また、単体の機能としても、New Relic Infrastructure は、数十、数百のホストを効率よく管理できる洗練された UI が特徴です。また、アラートに関しても非常に効率良く管理できるようになっています。

サーバー監視

New Relic Infrastructure では、サーバーリソースの計測結果を表示するタブが以下の4つあります。

  • Hosts: ホスト
  • Network: ネットワーク
  • Storage: ストレース
  • Processes: プロセス

ホスト

ホストペタブでは、その名のとおり各ホストの CPU、ロードアベレージ(過去5分間の作業待ちタスク数)、メモリ使用率がデフォルトでチャートに表示されます。

スクリーンショット_2017-12-23_20_10_54.png

チャートの表示軸やメトリクスの切り替え

このタブに限らず他のタブにも共通することですが、タブ表示時に表示されるメトリクスや軸(ホストとか)はあくまでデフォルト値です。用意されているものから好きに変更できます。

軸を変更するには、画面上部の "Group BY" をクリックします。

スクリーンショット 2017-12-23 21.38.33.png

メトリクスを変更するには、各チャートのタイトルの横をクリックすると、メトリクスとして選択できる項目が表示されます。

スクリーンショット 2017-12-23 21.39.44.png

ネットワーク

ネットワークタブのチャートでは、パケット単位、バイト単位の帯域幅のメトリクスとそれに関連するエラーについての情報をデフォルトで表示します。

スクリーンショット_2017-12-23_20_18_40.png

ストレージ

ストレージタブでは(デフォルト)デバイスごとのディスク利用率や読込/書込みバイトなどを表示します。他のタブと同じく、軸となる単位やチャートで表示しているメトリクス(ディスク利用率など)も様々用意されています。

スクリーンショット_2017-12-23_20_28_59.png

プロセス

プロセスタブでは、プロセス単位の CPU使用率、I/O、メモリサイズを確認できます。これにより、どのプロセスがリソースを食っているかが確認できます。また、CPU 使用率などを対象にアラートを設定しておくことで急激なリソースの上昇時もすぐに気づくことができます。

スクリーンショット_2017-12-23_21_24_57.png

設定変更の監視

設定変更とは、パッケージがインストール/アンインストールや、SSHによるユーザーの接続/解除、アラート、サービスの起動、停止など多岐に渡ります。

New Relic Infrastructure は、ホスト上の設定変更をイベント履歴という形で表示してくれます。ここまでで説明した4つのサーバーリソースを表示したタブのチャートの上部に常に "Events" という表示があるのに気づいたでしょうか。これが、サーバー設定の変更を示しています。

サーバーリソースが低下したことの原因は、何か設定を変更をしたせいかもしれません。リソースの変化とイベントを関連付けることで、迅速にその原因を特定できるような UI となっています。

スクリーンショット 2017-12-23 21.43.32.png

左から右にタイムピッカーで選択している時系列に従って、一定期間に区切って表示されています。色が付いている箇所が変更があった時点です。色が濃いほど変更が複数回行われていることを示しています。

具体的にどのような変更が行われたかは、各ボックスをクリックすると表示されます。

スクリーンショット_2017-12-23_21_46_35.png

また、イベント履歴は、Infrastructure のメニューの "Events" をクリックしても確認できます。

New Relic Infrastructure のインストール

ここでは詳しく解説しませんので、ご利用環境に合わせて、以下のドキュメント(日本語)をご覧ください。

まとめ

以上でアプリケーションのパフォーマンス監視に最低限必要な項目は満たすことができました。ここまでで紹介したのはあくまで最低限のことなので、是非、New Relic を活用してより効果的、効率的にアプリケーションのパフォーマンスの監視、分析を行えるようにしてください。

今回で基礎編は終了です。次回からは応用編を紹介します。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away