Posted at

とにかくEC2でHello worldしたい人のためのメモ

アカウント登録や細かな説明などは省略しちゃってます!

アカウントは作ったけど何すればいいかようわからん

とにかくなんかしてみたいんじゃって人向けのメモです


ゴール

パブリックDNSのアドレスにアクセスしたら「Hello EC2!」と表示されるようにする


EC2管理メニューを開く


  1. 「サービス」 > 「コンピューティング」 > 「EC2」をクリック



  2. 「インスタンスの作成をクリック」




インスタンスの作成


  1. AMIの選択

    無料利用枠の対象の「Amazon Linux」を選択



  2. インスタンスタイプの選択

    「t2.micro」を選択して「次の手順: インスタンスの詳細設定」をクリック



  3. インスタンスの詳細の設定

    デフォルトのまま「次の手順: ストレージの追加」を選択


  4. ストレージの追加

    デフォルトのまま「次の手順: タグの追加」を選択


  5. タグの追加

    「タグの追加」をクリック




    キーには「Name」、値には「Sample」と入力して「次の手順: セキュリティグループの設定」をクリック



  6. セキュリティグループの設定

    「新しいセキュリティグループを作成する」を選択してセキュリティグループ名と説明に「sample-tag」と入力




    「ルールの追加」をクリックしてHTTPを許可する設定を追加

    Webサーバーと通信するのに必要な設定です

    追加したら「確認と作成」をクリック



  7. インスタンスの作成と確認

    ざっと眺めて「作成」をクリック


  8. キーペアの作成

    「新しいキーペアの作成」を選択して、キーペア名に「sample-key」と入力

    「キーペアのダウンロード」をクリックして「sample-key.pem」がダウンロードできたら「インスタンスの作成をクリック」



  9. インスタンスの起動

    無事にインスタンスの作成が開始されたら右下にある「インスタンスの表示をクリック」

    「Sample」というインスタンスが追加され、インスタンスの状態が「running」になっていればOK

    「running」になるのにちょっと時間がかかります




SSHで接続する

rLoginを使って接続します

1. Server AddressにパブリックDNSを入力

2. User Nameに「ec2-user」と入力

3. SSH Identity Keyの「参照」をクリックして、ダウンロードした「sample-key.pem」を選択

4. 「OK」をクリックして接続

以下が表示されていれば接続成功!


__| __|_ )
_| ( / Amazon Linux AMI
___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-ami/2018.03-release-notes/
10 package(s) needed for security, out of 21 available
Run "sudo yum update" to apply all updates.


Apacheをインストールする

以下のコマンドを順番に実行

パッケージの更新

$ sudo yum update -y

Apacheのインストール
$ sudo yum install -y httpd

htmlファイルの追加
$ sudo vi /var/www/html/index.html


index.html

Hello EC2!


Apacheの起動

$ sudo service httpd start
Starting httpd: [ OK ]


Hello EC2!

パブリックDNSのアドレスにアクセス

実験が終わったらインスタンスを停止させておきましょう

以上、とにかくEC2でHello worldするために細かな説明をすっ飛ばした雑なメモでした