LoginSignup
3

More than 1 year has passed since last update.

Slackに日本語絵文字を大量に一括登録する方法

Last updated at Posted at 2021-12-10

はじめに

Slackのカスタム絵文字は便利ですよね。
日本語の文字絵文字があると、リアクションのバリエーションが増えて、簡単に気持ちを表現できるようになるのが良いですよね。

新しいSlackワークスペースを立ち上げたときに、カスタム絵文字を一括に登録できる方法があるといいのに、と思って探していました。
一発で登録できる最高なライブラリを見つけたので、ご紹介します。

おすすめライブラリ: decomoji

ちょうどこんなカスタム絵文字を探していたんです。
decomoji v5

【良いところ】

  • 日本語を絵文字にしているので使いやすい
  • まとまった量がある
  • 一括登録するツールが用意されている(エンジニア向け)
  • 検索するサイトが用意されている
  • メンテナンスされている(2021年8月時点)

decomojiの登録方法は、 decomoji (おすすめ) の章を見てください。

詳説: Slackにカスタム絵文字を登録する方法

Slackにカスタム絵文字を登録するには、いくつかの方法があります。

1つ1つ登録する

Slackに用意されている、カスタム絵文字を登録する画面を利用する方法です。
画像を1つ1つアップロードして、名前(= :: でサンドイッチした文字列)を入力していきます。

https://ワークスペースのサブドメイン.slack.com/customize/emoji

好きな画像を登録できるのがメリットですが、たくさんの画像を登録するのには向いていません。

画像 手間
⭕️ 好きな画像が登録できる ❌️ 手間がかかる

絵文字パックを使う

Slackにはデフォルトで用意されている絵文字パックを追加することができます。
しかし、選択肢が少なくて残念な気持ちになります。
image.png

画像 手間
❌️ 予め提供されているもので少ない ⭕️ 楽ちん

Bulk Emoji Uploaderを使う

Google Chromeの拡張機能 Neutral Face Emoji Tools を使って一気にアップロードする方法です。

たくさんの画像を登録することができますが、画像自体は自分で用意する必要があります。

画像 手間
⭕️ 好きな画像が登録できる ⭕️ 楽ちん

ツールを使う

decomoji (おすすめ)

文字絵文字を、このプロジェクトでは「デコモジ」と言っています。
基本セットでも300個の絵文字がありますが、拡張パックを使うと25000個も登録されます。

これ、使うの?
どういうシーンで使うの?
何で思いついたの?

みたいなデコモジもあります。

画像 手間
⭕️ 文字絵文字が大量に用意されている ⭕️ 割と楽な方

適切な絵文字を探す方法

一覧で見れるサイトが用意されています。
さすがです。

インストール方法

ターミナルからコマンドを入力する必要があります。
git node npm がインストールされていると動きます。

$ git clone git@github.com:decomoji/decomoji.git
$ cd decomoji
$ npm ci
$ node scripts/manager

詳細は、 README.md に詳しく書いてあります。

番外編: emojipacks (メンテされてない)

海外系の絵文字を中心に用意されていますが、サイトも止まってますし、悲しい感じです。

画像 手間
⭕️ 予め提供されているものもある
  &好きな画像が登録できる
❌️ 技術力が必要

インストール方法

$ npm i -g emojipacks
$ emojipacks
Slack subdomain: workspace-subdomain
Email address login: your@mail.address
Password: *********
2FA Code: 123456  #  if 2FA is enabled
Path or URL of Emoji yaml file: https://raw.githubusercontent.com/lambtron/emojipacks/master/packs/slackmojis-facebook-reaction.yaml

$ npm rm -g emojipacks

すてきなSlackカスタム絵文字ライフをお過ごしください!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
3