HTML5
CSS3
Design
フロントエンド
新人プログラマ応援
More than 1 year has passed since last update.

フロントエンドエンジニアとは

何気なく使用していた「フロントエンドエンジニア」というワードの意味について驚愕したので、
参考サイトを噛み砕く形で投稿いたします。

今までの私の認識

ざっくり言うと、UI/UXを考慮してデザインからマークアップまで行うエンジニアと言う認識でした。

本来のフロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、サイトを制作するうえで最適な技術・構造は何かを考え、ときにはデザイナーやディレクターの相談役となり、「やりたいことを実現する」ための技術的なフォローや制作を行う

とあります。

サイト制作の上で、「やりたいことを実現するために最適な技術・構造を考える。相談する。制作する。」これが本来のフロントエンドエンジニアの役割なのだと考えます。

職種で考えると、Webディレクター、デザイナー、マークアップエンジニア(HTMLコーダー)を総括する立場かと思います。

フロントエンドエンジニアの成り立ち

デザインをHTML,CSSを用いてWebブラウザ上に実現する、マークアップエンジニア(HTMLコーダー)からの派生。
Web界隈の発展により「マークアップエンジニア」と言う言葉で表すには、スキルの範囲が広すぎるため派生した。

必要なスキル

ここに記載するのは、一端に過ぎない。

主な言語

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • (PHP)

言語に関連する知識

  • 開発環境諸々
  • APIやフレームワーク
  • SEO
  • ブラウザやインターフェイス
  • レスポンシブデザインなどのデザイン手法
  • サイトの軽量化や高速化のための手法

ありすぎて書けません

デザインに関する知識

  • UXデザイン
  • 情報設計
  • UIデザイン
  • グラフィカルデザイン
  • プロトタイプツール

企画に関する知識

  • 統計(情報解析)
  • Googleアナリティクスなどの計測ツール

所感

エンジニアになって数ヶ月の自分には、荷が重すぎる
まずは、マークアップエンジニア+JSの範囲をマスターすることを目指す、その上でディレクター、デザイナーの範囲まで習得しよ

参考:フロントエンドエンジニアとは?HTMLコーダーとの違いや役割