Help us understand the problem. What is going on with this article?

ブラウザ機能格差への3つの対応概念 まとめ

More than 1 year has passed since last update.

フロントエンド開発は、つまるところWebブラウザに依存する。

Webブラウザの大きな問題点として、ブラウザ間の機能格差があり、これへの対処法として3つの考え方があるが、投稿されていなかったので、シンプルにして投稿いたします。

グレースフル・デグラデーション

  1. まずは、対応度の高いブラウザに合わせて作成。
  2. その後、対応度の低いブラウザでは、いくぶんか表現を削除。

ブラウザごとに表現を変えても良いという考え方
上限から、減らす考え方

プログレッシブ・エンハンスメント

  1. まずは、対応度の低いブラウザに合わせて作成。
  2. その後、対応度の高いブラウザだけリッチな表現を加える。

ブラウザごとに表現を変えても良いという考え方
下限から、足す考え方

レグレッシブ・エンハンスメント

  1. まずは、対応度の高いブラウザに合わせて作成
  2. その後、対応度の低いブラウザでは、Polyfillを用いて同等な表現を加える。

ブラウザごとの表現を変えないという考え方
※デメリットとして、Polyfillは、JavaScriptを用いた技術のため、古いブラウザに対して負荷がかかることになる。負荷検証コスト等を踏まえる必要がある。


※これらは、表現の格差であり、コンテンツ(情報)の格差ではない。

これらを踏まえて思うこと

フロントエンド開発のブラウザ差異に関しては、これらの情報共有が必要になる。

  • 対象端末・ブラウザの範囲
  • 対象端末・ブラウザの機能
  • 対象端末・ブラウザ間の機能格差(HTML5, CSS3, JavaScriptへの対応度)
  • 対応方法(上記3つのいづれか)



デザインとマークアップを分業していると、いつの間にかグレースフル・デグラデーションになっているのではないか。むむむ。

疑問

ベンダープレフィックスでの対応って関係あるのか

参考:どうする?ブラウザ機能格差の解消 第1回 3つの実装の考え方

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away