レンタルサーバーの Heteml(ヘテムル)で WP-CLI を使えるようにする

  • 4
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

WordPress を使う上で、何かと便利な WP-CLI。コマンドライン(みんな大好き黒い画面)で WordPress の色々な操作ができる優れものです。

今回はヘテムルで説明していますが、Xserver やさくらインターネットとかでもほぼ同じだと思いますので、契約中のレンタルサーバーの環境に読み替えて試してみてください。

WP-CLI で出来ること

  • WordPress のインストール
  • プラグインとテーマのインストール/有効化/削除/アップデート
  • データベースのバックアップ/リストア
  • データベース上の特定語句の置換(例 : 旧 URL から新 URL に書き換える)

その他様々なことができます。詳しくは公式サイトをご覧ください。

ちょっとそのまえに・・・

以下、説明の中でファイルパスやディレクトリパスを指定する部分に ~/hoge のように記述している箇所がいくつかあります。

~ は自分のホームディレクトリを示し、ヘテムルでは /home/sites/heteml/users/e/x/a/exampleuser を指します。例えば ~/backup の場合、/home/sites/heteml/users/e/x/a/exampleuser/backup のディレクトリを指定していることになります。

また、ヘテムルの公開ディレクトリは /home/sites/heteml/users/e/x/a/exampleuser/web です。

※ ヘテムルのユーザー名が exampleuser である場合の例です。

SSH コマンドの例をコピペする場合は、$  の部分はコピーしないようにしてください。$  は便利上つけてるだとだと思ってください。

WP-CLI のインストール

まずは、ターミナルなどの SSH クライアントでヘテムルにログインします。以下コマンドで実行するとパスワードの入力を求められるので、ヘテムルのパスワードを入力します。

USERNAME と ssh123 の部分は Heteml から割り当てられたものに置き換えてください。

$ ssh USERNAME@ssh123.heteml.jp -p 2222 -o PreferredAuthentications=password

次に、WP-CLI をダウンロードします。以下コマンドを実行するとダウンロードができます。

コピペする場合は 1 行目の mkdir から 3 行目 wp までを全部コピペしてください。

$ mkdir ~/bin &&\
wget https://raw.github.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar -O ~/bin/wp --no-check-certificate &&\
chmod +x ~/bin/wp

これでインストールが完了です。以後、~/bin/wp というコマンドで WP-CLI を実行できます。

wp コマンドで WP-CLI を実行できるようにする

~/bin/wp が長いよ ! という場合は、.bash_profile ファイルを作成し、~/bin/ に PATH を通して上げることで wp として実行できるようになります。

.bash_profile ファイルを作成

$ vi .bash_profile

キーボードの i キーを押下した後、以下をコピペする。

PATH=${PATH}:${HOME}/bin

esc キーを押下し :q(コロン + q)と入力し enter キーを押下し完了です。PATH が通っているか確認の為、以下コマンドを実行してみます。

$ which wp

~/bin/wp と表示されれば大丈夫です。以後、wp というコマンドで WP-CLI を実行できます。

WP-CLI の基本

WP-CLI の実行は、WordPress がインストールされているディレクトリに cd コマンドで移動してから行う、または、--path というオプションに WordPress がインストールされているディレクトリを指定します。

WordPress がインストールされているディレクトリに移動してから実行する例

$ cd ~/web/wordpress/
$ wp plugin list

オプションを指定する例

$ wp --path=~/web/wordpress plugin list

WordPress の Site URL と Home URL が別々になるようなインストール方法をとっている場合、--path= オプションを指定しても上手くいきません。その場合は、素直に WordPress がインストールされているディレクトリに cd コマンドで移動しましょう。

※ 誰か、解決方法教えてください(´;ω;`)ウッ…

WP-CLI の活用例

以下に、よく使いそうな例をいくつかピックアップしています。

データベースのエクスポート

事前にエクスポート先のディレクトリを mkdir コマンドで作成してから、エクスポートを実行します。既に作成済の場合は、省略してください。

$ mkdir ~/backup
$ wp db export ~/backup/backup_20150000.sql

データベースのインポート

$ wp db import ~/backup/backup_20150000.sql

サイトの引っ越し時にデータベース上の URL を旧 URL から 新 URL に書き換える

データベース上に記録されている URL を、SQL ファイルをテキストエディターなどで開いて置換しては絶対にダメです。たまにブログなどで紹介されているのを見かけますが、これはバッドノウハウです。URL がシリアライズ化され記録されていたりと、色々難しいことがあるため、テキストエディターなどで置換してしまうと、色々面倒が起こります。でも WP-CLI なら、色々な難しい問題を解決し、一瞬で終わります。

以下に、http://example.com から http://example.net に変更する例を示します。

$ wp search-replace 'http://example.com' 'http://example.net'

または

$ wp --path=~/web/wordpress search-replace 'http://example.com' 'http://example.net'

最後に

今回はヘテムルで説明しましたが、Xserver やさくらインターネットとかでもほぼ同じだと思いますので、契約中のレンタルサーバーの環境に読み替えて試してみてください。

それでは、良い年末と良い WP-CLI ライフを !

この投稿は WordPress Advent Calendar 201516日目の記事です。