Mac
OpenCV
インストール

OpenCV(pkg-config込み)のインストール手順【Mac】

1. Homebrew を使う場合

Homebrewが使える場合は使ったほうがインストールが簡単です.以下の手順はYosemiteでの実行例です.Yosemite以外の方は2.のソースからインストールする方法でインストールした方が良いかもしれません.

  1. 以下を実行

    brew tap homebrew/science
    brew update
    brew install opencv3 --with-contrib --with-ffmpeg --with-opengl --with-python3

    オプションに関しては https://www.learnopencv.com/install-opencv-3-on-yosemite-osx-10-10-x/ を参照

  2. このままでは,pkg-configを使えないことから,下記の様にpkg-config用の設定ファイルをコピーする.

    cd /usr/local/Cellar/opencv3/3.1.0_4/lib/pkgconfig
    sudo cp opencv.pc /usr/local/lib/pkgconfig/opencv.pc

  3. そして,このままではlibippicv.aにパスが通っていないことから,下記を実行しシンボリックリンクを貼る.

    cd /usr/local/Cellar/opencv3/3.1.0_4/lib
    ln -s /usr/local/Cellar/opencv3/3.1.0_4/share/OpenCV/3rdparty/lib/libippicv.a libippicv.a

  4. また,下記のエラーが出る場合は,webpをインストール

    dyld: Library not loaded: /usr/local/opt/webp/lib/libwebp.6.dylib
    Referenced from: /usr/local/opt/opencv3/lib/libopencv_imgcodecs.3.1.dylib
    Reason: image not found
    

brew install webp

2. Homebrew でインストールできない場合

Homebrewが使えない,またはインストールは完了したのにうまく動かない場合は,少々手間がかかりますが,ソースからインストールします.

mkdir /tmp/opencv/
cd /tmp/opencv/
git clone https://github.com/Itseez/opencv.git
git clone https://github.com/Itseez/opencv_contrib.git
cd opencv
mkdir release
cd release
cmake -D CMAKE_BUILD_TYPE=Release -D CMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local ..
make -j7
sudo make install