Help us understand the problem. What is going on with this article?

try と try! の使い分け

ていうか try! って何よ。

    a.try(:hoge)  #=> nil
    a.try!(:hoge) #=> NoMethodError

はーぁん、にゃーるほーどねー。

これ見て初めて気付いたのですが、 「try メソッドには 2 つの効用がある」 のですね。

  1. a が nil の時、何もしない
  2. a に hoge が実装されてない時、何もしない

両方の効用を持つのが try
1 つ目の効用しか持たないのが try! というわけです。

2 つ目の効用も便利っちゃあ便利ですが、メソッド名を typo するとわかりづらいバグになることもありそうです。
実際 try を使うときは、レシーバ (上の例で a ) が nil かどうかで使う 1 つ目の効用を利用したい場合が殆どだと思われるので、積極的に try! を使っていくといいかと思います。

http://apidock.com/rails/Object/try

ruby2.3記念追記

rails にまず導入されたのが try で、その後、「NoMethodErrorを捕捉できないのは危険」ということで try! が rails4 から導入されたようです。そして、 ruby2.3 からは「ぼっち演算子」を try! の代わりに使うことができます。

  a.try!(:hoge)
  #=>
  a&.hoge

NoMethodError を起こさない try と、ブロック渡す try は引き続き現役です。

言語仕様である &. と、単なるメソッドである try! にはもう一つ重要な違いアリ。
&. は nil を受け取るとその先の parsing を停止するので、引数を評価しません。

c=0
nil&.to_s(c+=1) # cは0のまま
nil.try!(:to_s, c+=1) # cは1
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away