16
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

asciidoctor-pdfでかっこいいPDFを作る(2)

asciidoctor-pdf を使ってPDFかっこいいPDFを作る(1) の続きです。
設定を調整して見栄えのよいPDFを作成した手順を紹介しています。

追記(2021/07/12)
asciidoctor-pdf 本体でフォントの対応について見直してもらえたようです。
この記事の説明のうち、フォントに関する部分については、 asciidoctor-pdfで日本語を含むPDFの出力を行う を参考にするとよいでしょう。
それ以外の体裁に関するテーマの設定は、まだ使えると思います(全部は確認していませんのであしからず)。

タイトルページを設定する

タイトルページの、背景色、文字の大きさ、色、配置などを調整します。

mystyle-theme.yml
(略)
title_page:
  align: center
  background_color: DAF0EA
  title:
    top: 20%
    font_family: $heading_font_family
    font_size: 40pt # $heading_h1_font_size
    font_style: bold
    font_color: 592C68  # 999999
    line_height: 1.6  # 0.9
  subtitle:
    font_size: 24pt  # $heading_h3_font_size
    font_family: $heading_font_family
    line_height: 1
    margin_bottom: 11cm
  authors:
    font_size: 16pt  # $heading_h3_font_size
    font_family: $heading_font_family
    margin_top: $base_font_size * 1.25
  revision:
    margin_top: $base_font_size * 1.25
(略)

タイトルページの変更を確認する

タイトルページ設定の変更の効果があるかどうか確認します。
example03.adocを修正してexample04.adocを作ります。

タイトル、サブタイトル、著者は適当に記載してありますが、リビジョンも追記しておきました。

example04.adoc
(略)
:toc-title: 目次
:listing-caption: リスト
:revnumber: たとえば0.8など
:revdate: docdatetimeから得た日時:{docdatetime}
:revremark: docdateから得た日付:{docdate}

= {doctitle}
(略)

example04.adoc

asciidoctor-pdf コマンドを使って example04.pdf を作成します。

$ asciidoctor-pdf -r asciidoctor-pdf-cjk -a pdf-style=mystyle-theme.yml -a pdf-stylesdir=theme -a pdf-fontsdir=fonts example04.adoc

タイトルページの背景色、タイトルの文字のフォント、大きさ、場所などが変わり、初期設定とはだいぶ印象が変わったと思います。

180104-0006.png

example04.pdf

表の見かけを設定する

asciidoctorはそこそこ凝った表が組めますが、asciidoctor-pdfには、まだその設定があまり反映できていないようです。PDFにする場合には、シンプルな表を使うようにし、凝った表が欲しい時は画像にしてから貼ったほうがよいでしょう。

表の設定の効果を見るために、先に表を追加して設定前の結果をみておきましょう。
example04.adocを修正してexample05.adocを作ります。

example05.adoc
(略)
=== 第2部の次の章

第2部の次の章。第2部の次の章。第2部の次の章。第2部の次の章。第2部の次の章。

.表のサンプル
[cols="2", options="header"]
|===
|アプリケーション
|言語

|Asciidoc
|Python

|Asciidoctor
|Ruby
|===
(略)

example05.adoc

asciidoctor-pdf コマンドを使って example05.pdf を作成します。

$ asciidoctor-pdf -r asciidoctor-pdf-cjk -a pdf-style=mystyle-theme.yml -a pdf-stylesdir=theme -a pdf-fontsdir=fonts example05.adoc

180104-0008.png

example05.pdf

あまり見やすいとは言えないですね。ここではテーマファイルの設定で調整できる範囲でどのくらい変わるか試してみます。

まず、表全体のフォントをゴシックに変更します。そして、ヘッダ部はboldを指定します。さらに、ヘッダ部や交互の行の背景色、ボーダーの色を調整します。

mystyle-theme.yml
(略)
table:
  font_family: $heading_font_family
  background_color: $page_background_color
  head_background_color: f1eee8
  head_font_color: $base_font_color
  head_font_style: bold
  body_background_color: $page_background_color
  body_stripe_background_color: fbfaf8
  foot_background_color: f0f0f0
  border_color: e0dccd
  border_width: $base_border_width
  cell_padding: 3
(略)

表の見かけの変更を確認する

asciidoctor-pdf コマンドを使って example05_t.pdf を作成します。

$ asciidoctor-pdf -r asciidoctor-pdf-cjk -a pdf-style=mystyle-theme.yml -a pdf-stylesdir=theme -a pdf-fontsdir=fonts example05.adoc -o example05_t.pdf

180104-0009.png

example05_t.pdf

example05.pdfとexample05_t.pdfを比較すると、表の形はあまり変わっていませんが、見かけはかなり変わったでしょう。 cell_padding をもう少し増やた方がよいかもしれません。

キャプション、リードを設定する

キャプション、リードの設定の効果を見るために、先に文書を修正して設定前の結果をみておきます。
example05.adocを修正してexample06.adocを作ります。
挿入する画像は適当に見繕ってください。

example06.adoc
(略)
=== 第2部の次の章

[.lead]
章のリードが必要ならここに書く。章のリードが必要ならここに書く。

第2部の次の章の本文。第2部の次の章の本文。第2部の次の章の本文。第2部の次の章の本文。

.表のサンプル
[cols="2", options="header"]
|===
|アプリケーション
|言語

|Asciidoc
|Python

|Asciidoctor
|Ruby

|Asciidoctor.js
|JavaScript
|===


.画像のサンプル
image::Tux.png[Tux,70%]

example06.adoc

asciidoctor-pdf コマンドを使って example06.pdf を作成します。

$ asciidoctor-pdf -r asciidoctor-pdf-cjk -a pdf-style=mystyle-theme.yml -a pdf-stylesdir=theme -a pdf-fontsdir=fonts example06.adoc

図、表のキャプションが明朝の太字であることや、リードのフォントサイズがやや大きめなのがわかります。

180104-0013.png

example06.pdf

そこで、見かけを本文と変えるために、ゴシックに変更し、色やフォントサイズも調整します。

mystyle-theme.yml
(略)
caption:
  align: left
  font_size: $base_font_size * 0.8
  font_family: GenShinGothic-P
  font_color: $literal_font_color
  # margin_inside: $vertical_rhythm / 3
  margin_outside: 0
lead:
  font_family: GenShinGothic-P
  font_size: $base_font_size
  line_height: 1.4
  font_color: 2D466B
(略)

キャプション、リードの変更を確認する

asciidoctor-pdf コマンドを使って example06_c.pdf を作成します。

$ asciidoctor-pdf -r asciidoctor-pdf-cjk -a pdf-style=mystyle-theme.yml -a pdf-stylesdir=theme -a pdf-fontsdir=fonts example06.adoc -o example06_c.pdf

example06.pdfとexample06_c.pdfを比較すると、リードやキャプションであることを意識しやすくなりました。

180104-0014.png

example06_c.pdf

残るはソースコードの設定ですが、長くなりましたので、続きで。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
16
Help us understand the problem. What are the problem?