Raspberry Pi の Node.js をアップデートする


経緯

Raspberry PiからGoogle Homeを喋らせる で、google-home-notifierをインストールするためにNode.jsのバージョンアップが必要で、手動でコマンドを打ってアップデートしていたが、以下の問題があった。


  • コマンドの手打ちが面倒

  • Node-REDがアンインストールされてしまう


解決方法

Node-RED ユーザーグループのページ

https://nodered.jp/docs/hardware/raspberrypi

に、簡単にアップデートできるスクリプトがあった。

これは Node-REDをアップデートするスクリプトだが、Node-REDは内部でNode.jsが動いており、Node-REDをアップデートすることによってNode.jsもアップデートされる。

そのスクリプトがこちら。

bash <(curl -sL https://raw.githubusercontent.com/node-red/raspbian-deb-package/master/resources/update-nodejs-and-nodered)

これを実行すると、20〜30分放っておくだけでNode.jsとNode-REDをアップデートすることができる。

もちろんNode-REDが消えることもない。

2019/04/06 現在、Node.js v10.15.3がインストールされた。