Help us understand the problem. What is going on with this article?

google-home-notifierで"Error: get key failed from google"とエラーが出る問題の対処法

More than 1 year has passed since last update.

更新情報

2018/12/01
11月29日頃にまたGoogleTTSの仕様変更があり、喋らなくなってしまった。。対策を最下部に記載。

経緯

Raspberry PiからGoogle Homeを喋らせる などで、google-home-notifierでGoogle Homeを喋らせていたが、9月末ごろから

Error: get key failed from google
    at /home/pi/work/googlehome/node_modules/google-tts-api/lib/key.js:27:13
    at <anonymous>
    at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:188:7)

などとエラーが出て喋らなくなってしまった。
軽く調べたところ google-home-notifierが「Error: get key failed from google」を吐いたので対策してみた などがひっかかったが、対策しないまま日が経ってしまった。

調査

上記記事にもある通り、GoogleのText-To-Speech(TTS)のAPIの仕様変更により、戻り値が変わり、エラーが出ている模様。
上記記事ではライブラリのコードを書き換えているが、
google-ttsのChangeLog を見たところ、Google TTSのNode.jsライブラリは修正されているので、その変更を取り込むことにした。

対処

google-home-notifierへのプルリクエスト が、2018-10-13時点でまだマージされていない。
対処法としては、google-tts-apiを0.0.3にバージョンアップすれば良いが、下記2通りの方法を思いついた。

対処1: google-home-notifierの書き換え

node_modules/google-home-notifier/package.jsonを google-home-notifierへのプルリクエスト の通りに修正を行う。

node_modules/google-home-notifier/package.json
  "dependencies": {
    "body-parser": "^1.15.2",
    "castv2-client": "^1.1.2",
    "express": "^4.14.0",
    "google-tts-api": "0.0.3", // ここを0.0.3に書き換える
    "mdns": "^2.3.3",
    "ngrok": "^2.2.4"
  },

その後、google-home-notifierに移動し、npm updateにてgoogle-tts-apiをアップデートする。

cd node_modules/google-home-notifier
npm update google-tts-api

これで、node_modules/google-tts-apiが0.0.3にアップデートされる。

google-home-notifierのpackage.jsonを変更せずにアップデートしたかったが、npm update google-tts-api@0.0.3などとやってもアップデートできなかったので、仕方なくgoogle-home-notifierの方を変更した。npmのしくみがいまいちわかっていない…。

対処2: google-home-notifierのインストール元変更

Use forked package · shiratsuchi/home-hack@86944c8
を参考に、フォークされたgoogle-home-notifierパッケージを再インストールする。

google-home-notifierを一旦アンインストール

npm uninstall google-home-notifier

フォークされたリポジトリから再インストール

$ npm install https://github.com/kei-s/google-home-notifier/tarball/update-google-tts-api

再インストールしたので、After npm install に記載のnode_modules/mdns/lib/browser.jsの修正を再度行わないといけないのに注意。

まとめ

上記どちらの方法でも、喋ってくれるようになった。
(なんか喋りが早くなったような…気のせいか?)

追記(2018/12/01)

11月29日頃にまたGoogleTTSの仕様変更があり、喋らなくなってしまった。。
ここに対処法があったので、実施したら治った。
https://github.com/zlargon/google-tts/issues/22
上記「対処1」で、0.0.3に変えるところを0.0.4に変えるだけ。

node_modules/google-home-notifier/package.json
  "dependencies": {
    "body-parser": "^1.15.2",
    "castv2-client": "^1.1.2",
    "express": "^4.14.0",
    "google-tts-api": "0.0.4", // ここを0.0.4に書き換える
    "mdns": "^2.3.3",
    "ngrok": "^2.2.4"
  },
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした