AWS
ECS

自分用AWS クラウドサービス活用資料集メモ Amazon Elastic Container Service編

More than 1 year has passed since last update.


Amazon Elastic Container Service (ECS)

情報元: 20180220 AWS Black Belt Online Seminar - Amazon Container Services


  • レジストリ: Amazon ECR


    • AWS IAMによりpullのみの権限やクロスアカンとアクセスも可能

    • ライフサイクルポリシーでイメージの自動クリーンアップ



  • コントロールプレーン: Amazon ECS, Amazon EKS

  • データプレーン: AWS Fargate

  • Task: コンテナ群の実行単位


    • Task Definitionの情報から起動される

    • 1つ以上のコンテナを実行しているリソース (Task内のコンテナ群は同じホストで実行)

    • CPUとメモリの条件を指定する

    • IAM RoleをTaskごとに設定可能



  • Service: ロングランニングアプリ用スケジューラ


    • Tasksの数を希望数に保つ

    • Task Definitionを新しくするとBlue/Greenデプロイ

    • メトリクスに応じてTask数のAuto Scalingも可能



  • AWS VPCネットワークモード


    • VPC内の他のリソースへPrivate IPで通信可能


      • FargateではPublic IPの割当も可能



    • Task内のコンテナはlocalhostを共有(Link不要でアクセス化)

    • ENI(Security Group)をTask毎に設定可能



  • その他


    • Amazon CloudWatch Logsと簡単に連携 

    • Amazon CloudWatch Eventsに各種イベントが流れる

    • EC2へのTask配置を柔軟に設定可能

    • Service Discovery by Route53

    • Target Trackingと連携可能


      • メトリクスに対してターゲットの値を設定すると、その値に近づくようにApplication Auto Scalingが自動的にServiceのDesiredCoundを調整