WordPress
vagrant

WordPressの制作環境をVagrantで

WordPressの制作環境をVagrantで作ります。

Vagrant起ち上げ

以下の設定でvagrant up

Vagrantfile
Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "bento/centos-7.4"
  config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080
end

そしてvagrant ssh

必要なモジュールのインストールと設定

yum -y install httpd mysql-server php php-mysql
# サーバーとDBを常に起動させておく
service httpd start
chkconfig httpd on

service mysqld start
chkconfig mysqld on

※ 上記でmysqlが起動できないとき

yum -y install mariadb-server
service mariadb start
chkconfig mariadb on

https://stackoverflow.com/questions/31067135/in-centos7-can-not-start-mysql

したらいけた

ローカルのディレクトリを公開ディレクトリと同期させる

Vagrantはデフォルトでゲスト(vagrant sshした先のサーバー)の/vagrantディレクトリとホスト(ローカル)のVagrantを起動しているルートディレクトリが同期しています。

その機能をうまく使って/var/www/htmlで公開しているディレクトリとローカルのディレクトリを同期させちゃいましょう

ローカル側
mkdir html
vagrant側
ln -s -d /vagrant/html /var/www

詳しい説明は割愛しますが、これでローカルのhtmlディレクトリと公開している/var/www/htmlディレクトリが同期するようになりました。

DB作成

WordPress用に下記のように作ります。

DB名 mywordpress
ユーザー名 myuser
パス mypass

実行

mysql -u root
CREATE DATABASE mywordpress;

GRANT ALL PRIVILEGES ON mywordpress.* TO myuser@localhost IDENTIFIED BY 'mypass' WITH GRANT OPTION;

WordPressの設置

公式からとってきて,ローカルのhtmlフォルダに設置

http://localhost:8080/ にアクセスしたらセットアップ画面でてくるはず