Posted at

Raspberry Piインストール

More than 5 years have passed since last update.

おもちゃとしてRaspberry Piを入手したのでセットアップをしてみました。


準備したもの


  • Raspberry Pi本体 (Model B)

  • Skeleton Box For Raspberry Pi

  • 32GB SDカード

  • Micro USBケーブル (0.2m)

  • USB電源アダプタ

  • LANケーブル (0.1m)

  • HDMIケーブル (1.5m)

モニタとキーボードは自宅の物を使い回すのは割愛として、新規(在庫も含むけど)にRaspberry Pi用に用意したのはこのくらい。


OSインストール (SDカードの準備)

仕事でRHELを使うことはあるのですが、普段自宅ではMacばかりなので、余りOSの種類についてはコダワリが無く…

せっかくなのでRaspbianを使ってみることにします。

参考:MacでRaspberry Pi用のOSをSDにインストールするメモ


  1. 本家のDownloadページからRaspbianのイメージをダウンロード。

  2. Mac 用の書き込みソフトRPi-sd card builderを使って、SDカードに書き込み。

  3. 書き込み終了後のSDカードをRaspberry Pi本体に突っ込む

参考ページを見ながらサクサク進めました。


初期設定

起動して初期設定ですが、まずは前提として自宅内での運用ポリシー(?)を。


  • 有線LAN/固定IPを設定する (物理的には無線ルータの隣に置く)

  • 自宅のルータが壁になってくれると信じて、セキュリティは最低限で済ませて良い

  • 何かあったら後で考える

  • キーボード&モニタは普段は繋げない (ssh運用)

正直なところ余り何も考えていませんw

参考:Raspberry Pi の初期設定

初期設定時のみ、キーボード&モニタは接続しておきます。


  1. Raspberry Pi本体に、SDカード/キーボード(USB)/モニタ(HDMI)/LANケーブルを接続し、電源(Micro USB)を繋げる。


  2. raspi-configが表示されるので、Expand FilesystemInternationalisatoin Options->Change Locale,Change Timezone,Change Keyboard LayoutAdbanced Options->Updateを実施してからFinish

  3. ログインプロンプトでユーザ:pi パスワード:raspberryでログイン。

localeはja_JP.UTF-8を選びました。

細かい設定は、コマンドやら設定ファイルを書き換えたりで進めます。


パスワードの変更

忘れないうちに…。


pi&rootのパスワード設定

$ passwd

pi 用にパスワードを変更中
現在のUNIXパスワード:
新しいUNIXパスワードを入力してください:
新しいUNIX パスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました
$ sudo passwd
新しいUNIXパスワードを入力してください:
新しいUNIX パスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました


キーボードレイアウト変更

実は直ぐにIP設定しようと思ったのだけど、コメントアウトしようとしてShift-3£が入力されてしまったので…

設定したつもりが、何故かUKレイアウトのままだった?(^_^;)

参考:Changing the default keyboard layout from “gb” to “us” in Raspbian “wheezy” for Raspberry Pi


UKレイアウトからUSレイアウトに

$ cd /etc/default/

$ sudo cp -p keyboard keyboard.orig
$ sudo vi keyboard
# KEYBOARD CONFIGURATION FILE

# Consult the keyboard(5) manual page.

XKBMODEL="hhk"
XKBLAYOUT="us"
XKBVARIANT=""
XKBOPTIONS=""

BACKSPACE="guess"
$ diff keyboard.orig keyboard
6c6
< XKBLAYOUT="gb"
---
> XKBLAYOUT="us"


設定変更してrebootしたら反映されました。


固定IPアドレス設定

参考:固定IPアドレスの設定

ここを抜ければ後は基本ssh接続でOKにできます。


IP設定変更

$ cd /etc/network

$ sudo cp -p interfaces interfaces.orig
$ sudo vi interfaces
auto lo

iface lo inet loopback
#iface eth0 inet dhcp
iface eth0 inet static
address 192.168.1.200
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.1.1

#allow-hotplug wlan0
#iface wlan0 inet manual
#wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
#iface default inet dhcp
$ diff interfaces.orig interfaces
4c4,8
< iface eth0 inet dhcp
---
> #iface eth0 inet dhcp
> iface eth0 inet static
> address 192.168.1.200
> netmask 255.255.255.0
> gateway 192.168.1.1
6,9c10,13
< allow-hotplug wlan0
< iface wlan0 inet manual
< wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
< iface default inet dhcp
---
> #allow-hotplug wlan0
> #iface wlan0 inet manual
> #wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
> #iface default inet dhcp


初期状態ではdhcpでIPアドレスを取得していたので、static指定に変更して、IPアドレス/ネットマスク/GWアドレスを追記します。

無線インタフェースも使用しないので記載は全部コメントアウト。

/etc/resolv.confはdhcpで記載されていたのだと思うけど、192.168.1.1が設定されていたのでそのまま弄っていません。


ここで一端再起動

一通りの設定はできたと思うので、ここで再起動して全ての設定を反映させます。


再起動

$ sudo reboot



設定状況確認&最新化

設定変更は出来ているので、リモートからsshで接続して確認&最新化を行います。

ここから先はキーボード&モニタは使わないけど、イザという時のために繋げたままで残してあります。


リモートアクセス確認

モニタ上で立ち上がったことを確認して、手元(Mac)からTerminal.appを使ってsshで接続します。


リモートから接続

$ ssh pi@192.168.1.200

The authenticity of host '192.168.1.200 (192.18.1.200)' can't be established.
RSA key fingerprint is xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx.
Are you sure you want to continue connectiong (yes/no)? yes
pi@192.168.1.200'
s password:
Linux raspberrypi 3.10.25+ #622 PREEMPT Fri Jan 3 18:41:00 GMT 2014 armv6l
()
pi@raspberrypi ~ $

無事にログインできたので、軽くネットワーク回りの確認など


ネットワーク回り確認

pi@raspberrypi ~ $ ip addr

1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
link/ether xx:xx:xx:xx:xx:xx brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.1.200/24 brd 192.168.1.255 scope global eth0
valid_lft forever preferred_lft forever
pi@raspberrypi ~ $ ip route
default via 192.168.1.1 dev eth0
192.168.1.0/24 dev eth0 proto kernel scope link src 192.168.1.200
pi@raspberrypi ~ $ ntpq -p
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
+xxx.xxxx.xxxxx xxx.xxx.xxx.xxx 2 u 6 128 377 22.773 17.990 1.934
*xxx.xxxx.xxxxx xxx.xxx.xxx.xxx 2 u 66 128 377 13.263 18.877 1.866
+xxx.xxxx.xxxxx xxx.xxx.xxx.xxx 3 u 56 128 377 13.044 17.566 1.990
-xxx.xxxx.xxxxx xxx.xxx.xxx.xxx 3 u 33 128 377 13.149 23.265 1.959

IPアドレス関連はよさそうだし、ntpも何か設定されて同期できていそうなのでまぁいいか。


最新化

Raspbianのパッケージ管理はaptらしいので、最新化します。


aptで更新

pi@raspberrypi ~ $  sudo apt-get update

ヒット http://repository.wolfram.com stable Release.gpg
ヒット http://raspberrypi.collabora.com wheezy Release.gpg
ヒット http://repository.wolfram.com stable Release
()
パッケージリストを読み込んでいます... 完了pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get upgrade
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
()
アップグレード: 64 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 1 個。
106 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に 8,957 kB のディスク容量が解放されます。
続行しますか [Y/n]? y
()
pi@raspberrypi ~ $ sudo reboot

Broadcast message from root@raspberrypi (pts/0) (xxxxxxxxxxx):
The system is going down for reboot NOW!
pi@raspberrypi ~ $ exit


この辺りまで進んだところで、キーボードとモニターは外してしまいました。

さほど待たずに立ち上がるので、再度sshで接続さえすれば直ぐに遊べる状態にw