search
LoginSignup
0

More than 3 years have passed since last update.

Organization

archlinuxでAndroid Studioを利用できるようにするまで

archLinuxでAndroidアプリを作る

結局の所、Android - ArchWikiがマハトマであり真言ですが、凡人には辛いので手順を紹介します。

対象者

  • 目星を得てしまいArchLinuxでAndroid開発をしなければならなくなった人

目標作成物

  1. Android Studioが動く環境
  2. 仮想端末をつかってシミュレータで検証できる環境
  3. USB接続して実機にアプリを流してデバッグ(未実施、android-tools,android-udevをインストールすればいける、らしい)

yayのインストール

標準パッケージには、当然ながらAndroid関連の物は用意されていないので、みんな大好きヨーグルトを使います。
ArchLinux yay インストール方法

  • ビルド・インストール
git clone https://aur.archlinux.org/yay.git
cd yay
makepkg -si
  • 動作確認
% yay --version                                                                                                                                             (git)[master]
yay v9.3.1 - libalpm v11.0.3

Android Studioのインストール

$ yay -S android-studio                                                                                                                                     (git)[master]
:: There are 2 providers available for android-studio:
:: Repository AUR
    1) android-studio 2) android-studio-dummy 

Enter a number (default=1): 1

用途は知らないですが、android-studioが居るフリをするためのダミーパッケージが用意されているので、1.の中身がある方をインストールします。

:: Downloaded PKGBUILD (1/1): android-studio
  1 android-studio                   (Build Files Exist)
==> Diffs to show?
==> [N]one [A]ll [Ab]ort [I]nstalled [No]tInstalled or (1 2 3, 1-3, ^4)

新規インストールで更新差分みてもしょうがないのでデフォルトのNoneを選択し、インストールします。
インストールが完了すると、ランチャーへの登録まで自動で行われるため、デスクトップ環境のランチャーから起動します。

Android Studioの設定

初期設定

  • 起動すると、既存のAndroid Studioからインポートされるか確認されるので、インポートしないを選択します。
  • プロジェクトの配置場所を確認されるので、適宜設定します。(容量が空いていればどこでもいい)
  • 白ベースか黒ベースの物かテーマの選択をします。今回は黒にしました。

プロジェクトの作成

  • 最初のプロジェクトを作成するため、適当に選びます。今回はEmpty Activityを選択しました。

proj.png

  • プロジェクトの詳細情報を入力します。

configproj.png

仮想端末の作成

  • プロジェクトの作成後、右上のスマートフォンマークにドロイドくんのいるアイコンを選び、仮想端末を作成します。
    boot.png

  • 仮想端末の作成状態の画面が表示されるので、[Create Virtual Device]を選択します。
    yourdevice.png

  • エミュレートする端末を選択します。今回はPixel3にしました。

hw.png

  • エミュレートするOSを選択します。選択したOSイメージはAndroid Studioで管理されます。今回はAndroid10.0にしました。

sysimg.png

  • 作成した仮想端末の名前と、起動時の向きを設定します。

avd.png

動作確認

  • [Run]-[Run]またはAlt+Shift+F10を押し、ビルドを実行します。 vd.png

正常に動作していれば、Androidの起動が行われ、自動的にアプリが起動されます。初回起動時はAndroidのブートが始まるまで少し時間がかかる場合があります。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0