MySQLでMaster-Slave構成のレプリケーション設定

  • 21
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

今回は、以下の構成図のようにMySQLでMaster-Slave構成のレプリケーション設定のやり方を説明していきます。

Master-Slave構成図.png

環境

OS/ミドルウェア バージョン
CentOS 7.1
MySQL 5.7.12
ホスト名 IPアドレス 役割
web001 192.168.33.10 Master DBサーバ
web002 192.168.33.20 Slave DBサーバ

Master DBサーバの設定

1. confファイルの設定

まず、mysqlでレプリケーションの処理が行えるようにMaster DBサーバのMySQLのconfファイルにサーバIDバイナリログの取得設定を追記します。
バイナリログについては、MySQLのリファレンスこのあたりのウェブページで詳しく説明しています。
手順は以下の通りです。

  • my.cnfの編集
$ sudo vi /etc/my.cnf
  • my.cnfにサーバIDバイナリログの取得設定を追記
my.cnf(MasterDB)
[mysqld]
・
・
・
log-bin
server-id=101
  • 設定内容を反映させるためにMySQLを再起動
$ sudo systemctl restart mysqld.service

2. レプリケーション用のDBを作成

続いて、レプリケーションを行うDBを作成します。

  • MySQLにログイン
$ mysql -u root -p  # 以後DBのログインについては省略して説明します。
Enter password: 
  • example DBを作成
mysql> create database example;

3. Slaveアカウントを作成

次に、レプリケーションを行うためのSlaveアカウントを作成します。

mysql> create user 'repl'@'192.168.33.20' identified by 'Slave-passw0rd';
mysql> grant replication slave on *.* to 'repl'@'192.168.33.20';

4. example DBをdump

Master DBサーバのexample DBの内容をSlave DBサーバにコピーするため example DBをdumpします。

  • dump中にDBが更新されないようにテーブルの書き込みをロック
mysql> flush tables with read lock;
  • 現在のバイナリログの状態を確認する
mysql> show master status;
*************************** 1. row ***************************
             File: web001-bin.000001
         Position: 619
     Binlog_Do_DB: 
 Binlog_Ignore_DB: 
Executed_Gtid_Set: 
1 row in set (0.01 sec)

※補足
上記が以下のような出力になった場合、Fileは空白文字列 '' 、Positionは4となるので注意してください。

mysql> show master status;
Empty set (0.00 sec)
  • example DBをdump
$ mysqldump --single-transaction -u root -p example > example.dump
Enter password: 
$ scp example.dump 192.168.33.20:~  # scpでslave DBサーバに dumpデータを転送
example.dump                                                                                                                                           100% 1252     1.2KB/s   00:00    
  • テーブルのロックを解除する
mysql> unlock tables;

以上で、Master DBサーバの作業は完了です。

Slave DBサーバの設定

1. confファイルの設定

Master DBと同様にSlave DBサーバのMySQLのconfファイルにもサーバIDを追記します。このとき、Master DBサーバのサーバIDと重複しないようにする必要があります。

  • my.cnfの編集
$ sudo vi /etc/my.cnf
  • my.cnfにサーバIDを追記
my.cnf(SlaveDB)
[mysqld]
・
・
・
server-id=102
  • 設定内容を反映させるためにMySQLを再起動
$ sudo systemctl restart mysqld.service

2. dumpデータをコピー

続いて、Master DBサーバからdumpしたexample DBの内容を Slave DBサーバにコピーします。

mysql> create database example;
mysql> use example;
mysql> source ~/example.dump;  # dumpデータをコピー

3. Slave DBの設定

  • Slave DBで Master DBへ接続するためのパラメータを設定
mysql> change master to
    -> master_host='192.168.33.10',          # Master DBサーバのホスト名/IPアドレス
    -> master_user='repl',                   # Master DBサーバへ接続するユーザ名
    -> master_password='Slave-passw0rd',     # 接続するユーザ名のパスワード
    -> master_log_file='web001-bin.000001',  # バイナリログのファイル名
    -> master_log_pos=619;                   # バイナリログの現在位置

※補足
show master status で Empty set が出力された場合以下を入力

mysql> change master to
    -> master_host='192.168.33.10',          # Master DBサーバのホスト名/IPアドレス
    -> master_user='repl',                   # Master DBサーバへ接続するユーザ名
    -> master_password='Slave-passw0rd',     # 接続するユーザ名のパスワード
    -> master_log_file='',  # バイナリログのファイル名
    -> master_log_pos=4;                   # バイナリログの現在位置
  • example DBをレプリケーション対象のDBとして設定
mysql> change replication filter replicate_do_db = (example);
  • レプリケーションを開始する
mysql> start slave;

以下のコマンドでSlave DBのステータスを確認します。
このときに特にエラーが出力されていなければ問題なくレプリケーションの設定が行われています。

mysql> show slave status\G
*************************** 1. row ***************************
               Slave_IO_State: Waiting for master to send event
                  Master_Host: 192.168.33.10
                  Master_User: repl
                  Master_Port: 3306
                Connect_Retry: 60
              Master_Log_File: web001-bin.000001
          Read_Master_Log_Pos: 619
               Relay_Log_File: web002-relay-bin.000003
                Relay_Log_Pos: 321
        Relay_Master_Log_File: web001-bin.000001
             Slave_IO_Running: Yes
            Slave_SQL_Running: Yes
              Replicate_Do_DB: example
          Replicate_Ignore_DB: 
           Replicate_Do_Table: 
       Replicate_Ignore_Table: 
      Replicate_Wild_Do_Table: 
  Replicate_Wild_Ignore_Table: 
                   Last_Errno: 0
                   Last_Error: 
                 Skip_Counter: 0
          Exec_Master_Log_Pos: 619
              Relay_Log_Space: 696
              Until_Condition: None
               Until_Log_File: 
                Until_Log_Pos: 0
           Master_SSL_Allowed: No
           Master_SSL_CA_File: 
           Master_SSL_CA_Path: 
              Master_SSL_Cert: 
            Master_SSL_Cipher: 
               Master_SSL_Key: 
        Seconds_Behind_Master: 0
Master_SSL_Verify_Server_Cert: No
                Last_IO_Errno: 0
                Last_IO_Error: 
               Last_SQL_Errno: 0
               Last_SQL_Error: 
  Replicate_Ignore_Server_Ids: 
             Master_Server_Id: 101
                  Master_UUID: 7ac6cdf0-07cb-11e6-9e7e-08002751d15e
             Master_Info_File: /var/lib/mysql/master.info
                    SQL_Delay: 0
          SQL_Remaining_Delay: NULL
      Slave_SQL_Running_State: Slave has read all relay log; waiting for more updates
           Master_Retry_Count: 86400
                  Master_Bind: 
      Last_IO_Error_Timestamp: 
     Last_SQL_Error_Timestamp: 
               Master_SSL_Crl: 
           Master_SSL_Crlpath: 
           Retrieved_Gtid_Set: 
            Executed_Gtid_Set: 
                Auto_Position: 0
         Replicate_Rewrite_DB: 
                 Channel_Name: 
           Master_TLS_Version: 

レプリケーションの動作確認

最後に、Master DBサーバのexample DBにhogeテーブルを追加したときに正常にレプリケーションが行われるか確認します。

  • まず、Slave DBサーバのexample DBに hogeテーブルがないことを確認します。
SlaveDB
mysql> use example;
mysql> show tables;
Empty set (0.00 sec)
  • 続いてMaster DB サーバのexample DBにhogeテーブルを追加します。
MasterDB
mysql> use example;
mysql> create table hoge ( id INT not null );  # hogeテーブルを作成
mysql> show tables;
+-------------------+
| Tables_in_example |
+-------------------+
| hoge              |
+-------------------+

・再びSlave DB サーバのexample DBを確認し、hogeテーブルが追加されていれば、正常にレプリケーションが行われています。

SlaveDB
mysql> show tables;
+-------------------+
| Tables_in_example |
+-------------------+
| hoge              |
+-------------------+

以上で、MySQLでのMaster-Slave構成のレプリケーション設定は完了です。

参考文献

  1. たった30分でWordPressを冗長化する方法 _ (っ´∀`)っ ゃー _ nullpopopo, http://nullpopopo.blogcube.info/2012/08/%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%9F30%E5%88%86%E3%81%A7wordpress%E3%82%92%E5%86%97%E9%95%B7%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95.html, Online; accessed 23-Apirl-2016.
  2. MySQL レプリケーションの設定 - とみぞーノート, http://wiki.bit-hive.com/tomizoo/pg/MySQL%20%A5%EC%A5%D7%A5%EA%A5%B1%A1%BC%A5%B7%A5%E7%A5%F3%A4%CE%C0%DF%C4%EA, Online; accessed 23-Apirl-2016.
  3. mysqlでマルチマスター レプリケーションを設定してみる _ レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント, http://server-setting.info/centos/mysql-multi-master.html, Online; accessed 23-Apirl-2016.
  4. MySQL __ MySQL 5.6 リファレンスマニュアル __ 5.2.4 バイナリログ, https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/binary-log.html, Online; accessed 23-April-2016.
  5. MySQLバイナリログの仕様 _ OpenGroove, http://open-groove.net/mysql/mysql-binlog/, 23-Apirl-2016.
  6. MySQL 5.7 _ レプリケーションフィルターをオンラインで変更する _ Yakst, https://yakst.com/ja/posts/3486, 23-April-2016.
  7. MySQL入門 レプリケーション編 - Qiita, http://qiita.com/Tocyuki/items/c224cef57493f536a941, 23-April-2016.