Help us understand the problem. What is going on with this article?

OpenSSL バージョン1.0.2d をソースからインストール

More than 3 years have passed since last update.

今回の投稿では、勉強用に利用しているLinuxのopensslが脆弱性のあるバージョン1.0.1f1だったことから、最新バージョンに変更したので、その手順を書き留めておきます。

1. OpenSSL バージョン1.0.2dのインストール

最新バージョンのOpenSSLを公式サイト2からダウンロードしてインストールしていきます。

opensslのインストール
# openssl version
OpenSSL 1.0.1f 6 Jan 2014    // 脆弱性のあるバージョン
# cd /usr/local/src
# wget http://www.openssl.org/source/openssl-1.0.2d.tar.gz
# tar xzvf openssl-1.0.2d.tar.gz
# cd openssl-1.0.2d
# ./config shared zlib
# make
# porg -lD "make install"
# /usr/local/ssl/bin/openssl version
OpenSSL 1.0.2d 9 Jul 2015    // 最新バージョン

2. シンボリックリンクの作成

続いて、既にopensslがインストールされている環境では、古いバージョンのopensslを削除するか、新しくインストールしたopensslの参照先を追加する必要があります。
今回は、以下のように既存のopensslについては、openssl.bakとし、 /usr/bin に新しいバージョンのopensslを参照するシンボリックリンクを作成しました。

シンボリックリンクの作成
# openssl version
OpenSSL 1.0.1f 6 Jan 2014    // 古いバージョンのまま
# mv /usr/bin/openssl /usr/bin/openssl.bak
# ln -s /usr/local/ssl/bin/openssl /usr/bin/openssl
# openssl version
OpenSSL 1.0.2d 9 Jul 2015    // 最新バージョンへ変更

以上でOpenSSL バージョン1.0.2d をソースからインストールする作業は終了です。

参考文献

  1. OpenSSLに脆弱性、クライアントやサーバにメモリ露呈の恐れ - ITmedia エンタープライズ, http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1404/08/news038.html , Online; accessed 5-September-2015.
  2. OpenSSL, http://www.openssl.org/, Online; accessed 5-September-2015.
  3. LinuxにApacheとOpenSSLをソースからビルドしてインストールする - Qiita, http://qiita.com/DQNEO/items/3613cc1d87c01121a9e2, Online; accessed 5-September-2015.
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした