Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
81
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

5分でAWS Lambdaにデプロイできる「Ruby on Jets」

今週の Ruby Weekly でこんな記事が紹介されていました:

Serverless Ruby on AWS Lambda with the Jets framework』(Jetsフレームワークを使った AWS Lambda でのサーバーレス Ruby)

AWS Lambda で Ruby がサポートされたのはわりと最近の話ですが(2018年11月: Announcing Ruby Support for AWS Lambda)、「Jets」というサーバーレス用のRubyフレームワークを使えば、短時間で AWS Lambda にデプロイできるみたいです。

面白そうだと思ったので少し触ってみました。

Ruby on Jets とは?

Jetsは、サーバーレスサービスを簡単に構築・デプロイするためのRubyフレームワークです。AWSサービスとのシームレスな連携が売りのようですね。

公式ページでは、次のように説明されています。

Ruby on Jets allows you to create and deploy serverless services with ease, and to seamlessly glue AWS services together with the most beautiful dynamic language: Ruby.

ざっと見た感じ、AWS Lambdaへのデプロイに特化した簡易的なRailsといった印象です。

Ruby on Jets の設計

Jets で AWS Lambda にデプロイした場合、設計は次のようになります。

スクリーンショット 2019-05-25 9.23.21.png

Ruby on Jets をデプロイしてみる

Ruby on Jets の AWS Lambda へのデプロイがどれぐらいシームレスなのか、実際に検証してみます。

参考にした記事は次のとおりです:

Ruby on Jets アプリの作成

GETリクエストで「Hello from Ruby on Jets」を返すだけのシンプルなAPIアプリを用意します。

インストール

Ruby のバージョンは 2.5.0 です。

$ ruby -v
ruby 2.5.0p0 (2017-12-25 revision 61468) [x86_64-darwin18]

まずは Jets をグローバルにインストールします。

$ gem install jets

インストールできました。

$ jets -v
1.9.1

プロジェクトの作成

rails コマンドのように jets new YOUR_APP_NAME でプロジェクトを作成できます。

今回は API で、かつ、DB不要の簡易アプリなので、オプションに --mode api --no-database を渡します。

$ jets new hello_ruby_on_jets --mode api --no-database

作れるファイルは次のような感じ。ほぼ Rails ですね。

your_app_name
├── app
│   ├── controllers
│   ├── helpers
│   ├── jobs
│   └── models
├── config
├── db
├── public
├── spec
├── config.ru
├── Gemfile
├── Gemfile.lock
├── Procfile
├── Rakefile
└── README.md

サーバを起動させてみます。

$ jets server

http://127.0.0.1:8888/ でサーバが立ち上がります。

スクリーンショット 2019-05-24 21.37.41.png

アプリの実装

Greetings コントローラーを作成します。

$ jets g controller Greetings index
      create  app/controllers/greetings_controller.rb
       route  get 'greetings/index'

index アクションにプレーンテキストを返す処理を書きます。

app/controllers/greetings_controller.rb
class GreetingsController < ApplicationController
  def index
    render plain: 'Hello from Ruby on Jets!'
  end
end

ルーティングはこんな感じ。

config/routes.rb
Jets.application.routes.draw do
  get 'greetings', to: 'greetings#index'
  root "jets/public#show"

  # The jets/public#show controller can serve static utf8 content out of the public folder.
  # Note, as part of the deploy process Jets uploads files in the public folder to s3
  # and serves them out of s3 directly. S3 is well suited to serve static assets.
  # More info here: http://rubyonjets.com/docs/assets-serving/
  any "*catchall", to: "jets/public#show"
end

試しにサーバを起動させて curl を叩いてみます。

$ jets serve
$ curl http://localhost:8888/greetings
Hello from Ruby on Jets!

問題なさそうですね。

AWS Lambda でのデプロイ

作ったアプリを AWS Lambda にデプロイしてみます。

必要なステップは「1. 認証キーの発行」と「2. デプロイ」です。

1. 認証キーの発行

AWSにデプロイするには認証キーが必要です。

ポリシーの作成

AWSのコンソールから「IAM」のページに飛び、新しくポリシーを作成します。

スクリーンショット 2019-05-24 22.02.18.png

JSONタブを選択し、公式ドキュメント「Minimal Deploy IAM Policy」に提示されている次の権限設定をコピペします。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "apigateway:*",
                "cloudformation:*",
                "dynamodb:*",
                "events:*",
                "iam:*",
                "lambda:*",
                "logs:*",
                "route53:*",
                "s3:*"
             ],
            "Resource": [
                "*"
            ]
        }
    ]
}

ユーザーの作成

ポリシーの作成後、新規ユーザーを作成します。

「プログラムによるアクセス」を選択します。

スクリーンショット 2019-05-24 22.09.02.png

そして、「既存のポリシーを直接アタッチ」を選び、先ほど作成したポリシーを適用します。

スクリーンショット 2019-05-24 22.11.54.png

ユーザーの作成が終わると、「アクセスキー ID」と「シークレットアクセスキー」が発行されるので、それらを保管します。

2. デプロイ

ここからが Jets の最大の強み。

なんと、わずか1行でAWS Lambdaにデプロイできます。

認証キーを持たせて jets deploy するだけです。

$ AWS_ACCESS_KEY_ID=YOUR_ID AWS_SECRET_ACCESS_KEY=YOUR_SECRET_KEY jets deploy
  • AWS_ACCESS_KEY_ID: アクセスキー ID
  • AWS_SECRET_ACCESS_KEY: シークレットアクセスキー

コマンドを実行するとデプロイが始まります。

Deploying to Lambda hello-ruby-on-jets-dev environment...
Building CloudFormation templates.
Deploying CloudFormation stack with jets app!
10:17:57PM CREATE_IN_PROGRESS AWS::CloudFormation::Stack hello-ruby-on-jets-dev User Initiated
10:18:01PM CREATE_IN_PROGRESS AWS::S3::Bucket S3Bucket 
10:18:02PM CREATE_IN_PROGRESS AWS::S3::Bucket S3Bucket Resource creation Initiated
10:18:22PM CREATE_COMPLETE AWS::S3::Bucket S3Bucket 
10:18:25PM CREATE_COMPLETE AWS::CloudFormation::Stack hello-ruby-on-jets-dev 
Stack success status: CREATE_COMPLETE

(省略)

10:23:37PM UPDATE_COMPLETE_CLEANUP_IN_PROGRESS AWS::CloudFormation::Stack hello-ruby-on-jets-dev 
10:23:38PM UPDATE_COMPLETE AWS::CloudFormation::Stack hello-ruby-on-jets-dev 
Stack success status: UPDATE_COMPLETE
Time took for stack deployment: 2m 29s.
Prewarming application.
API Gateway Endpoint: https://xxxxxxx.execute-api.us-east-1.amazonaws.com/dev/

最終行に API Gateway Endpoint が表示されれば、デプロイ完了です。

10:17:57PM に開始して 10:23:38PM に完了したので、デプロイにかかった時間は5分ちょっと。これはかなりお手軽じゃないでしょうか?

試しに curl でエンドポイントを叩いてみます。

$ curl https://xxxxxxx.execute-api.us-east-1.amazonaws.com/dev/greetings
Hello from Ruby on Jets!

ちゃんと動いていますね。

AWS Lambda をコンソールで確認

デプロイしたアプリを AWS Lambda のコンソールから確認します。

エンドポイントに us-east-1 とあるので、リージョンは「バージニア北部」を選択します。

スクリーンショット 2019-05-25 9.08.27.png

デプロイしたアプリを確認できました。

感想

AWS Lambda は詳しくないですが Jets を使うと、わずか1行でサクッとデプロイできました。

Lambda の設定は Jets に依拠して、Ruby のコードだけに集中できるのが良いですね。

Ruby on Rails を知っていれば、学習コストはほとんどないので、ちょっとしたサーバーレスアプリの開発に使えるんじゃないかな、と思いました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
81
Help us understand the problem. What are the problem?