Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@ksh-fthr

[GitHub] GitHub Action を使って issue 発行時にラベルを指定したリポジトリに展開する

ユースケース

複数のリポジトリに対して 同じラベルを展開したい、 言い方を変えると、 複数のリポジトリでラベルを共有したい ケースがある。
このとき手作業でラベルを設定していくのは手間である。
そこで GitHub Action を使って、任意のイベントをフックして実現したい。

使用するツール

構成

リポジトリ構成
test_workflow
 + .github/
     + workflows/
     |     + unfolding_labels.yml
     + labels.yml

事前準備

Personal access tokens の作成

手順

ユーザの設定 で以下を行う。

  1. 画面右上のユーザアイコンをクリック
  2. Settings をクリック
  3. 左側ペインで Developer settings を開く
  4. 左側メニューで Personal access tokens を開く
  5. Generate new token から
    1. Note を入力
      • ここで入力する文字列は 後述リポジトリ-SecretsName で指定する
    2. ワークフロー と リポジトリ に対するアクセスを許可 したいので次の項目にチェックする( 登録後も変更可能 )
      1. repo
      2. admin:repo_hook
      3. delete_repo
      4. workflow
  6. Generate token でトークンを作成
    • ここで生成されたトークンは 後述リポジトリ-SecretsValue で設定する

注意点

作成したトークンは ここでコピーしておかないと二度と参照できない ので、忘れずにコピーしておくこと。

もし忘れてしまった場合は Regenerate token で再作成できるが、生成されるトークンは前回とは別のものになってしまう。

作成したトークンのリポジトリへの登録

手順

GitHub Action を設定するリポジトリSecrets に登録する ために以下を行う。

  1. settings を開く
  2. 左側ペインで Secrets を選ぶ
  3. New secret から
    1. Name を入力
      • ここで入力する文字列は後述の ワークフローファイル(unfolding_labels.yml)GITHUB_TOKEN を指定する際に使用する
    2. Value を入力
  4. Add secret で登録

注意点

トークンを登録する際、 改行が含まれていると処理が実行された際にエラー となり、その後 処理が進まなくなる

トークンに改行が含まれているときのログ(改行とコメントは筆者が行った)
Sync labels1s
labeler: 2020/09/19 08:12:45 create "WIP" in ksh-fthr/FileUtilityTools
Run b4b4r07/github-labeler@master
/usr/bin/docker run --name e33467befdb6c9c8b44828bb5b4adc7268cad_378975 --label 9e3346 --workdir /github/workspace --rm -e GITHUB_TOKEN -e INPUT_CONFIG -e INPUT_IMPORT -e INPUT_DRYRUN -e HOME -e GITHUB_JOB -e GITHUB_REF -e GITHUB_SHA -e GITHUB_REPOSITORY -e GITHUB_REPOSITORY_OWNER -e GITHUB_RUN_ID -e GITHUB_RUN_NUMBER -e GITHUB_ACTOR -e GITHUB_WORKFLOW -e GITHUB_HEAD_REF -e GITHUB_BASE_REF -e GITHUB_EVENT_NAME -e GITHUB_SERVER_URL -e GITHUB_API_URL -e GITHUB_GRAPHQL_URL -e GITHUB_WORKSPACE -e GITHUB_ACTION -e GITHUB_EVENT_PATH -e GITHUB_PATH -e GITHUB_ENV -e RUNNER_OS -e RUNNER_TOOL_CACHE -e RUNNER_TEMP -e RUNNER_WORKSPACE -e ACTIONS_RUNTIME_URL -e ACTIONS_RUNTIME_TOKEN -e ACTIONS_CACHE_URL -e GITHUB_ACTIONS=true -e CI=true -v "/var/run/docker.sock":"/var/run/docker.sock" -v "/home/runner/work/_temp/_github_home":"/github/home" -v "/home/runner/work/_temp/_github_workflow":"/github/workflow" -v "/home/runner/work/_temp/_runner_file_commands":"/github/file_commands" -v "/home/runner/work/test_workflow/test_workflow":"/github/workspace" 9e3346:7befdb6c9c8b44828bb5b4adc7268cad

# invalid header field value "Bearer ***\n" としてエラーが出ている
2020/09/19 08:12:45 [ERROR] failed to fetch labels ksh-fthr/FileUtilityTools: Get https://api.github.com/repos/ksh-fthr/FileUtilityTools/labels?per_page=10: net/http: invalid header field value "Bearer ***\n" for key Authorization

# ラベルを展開しようとするが、このまま進まない
Post https://api.github.com/repos/ksh-fthr/FileUtilityTools/labels: net/http: invalid header field value "Bearer ***\n" for key Authorization
labeler: 2020/09/19 08:12:45 create "WIP" in ksh-fthr/FileUtilityTools

設定内容

ワークフローファイル( unfolding_labels.yml )

GitHubActionのトリガーと処理
name: unfolding labels

on:
  issues:
    types: [opened]
    paths:
      - .github/labels.yml

jobs:
  sync:
    name: Run
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - name: Checkout
        uses: actions/checkout@1.0.0
      - name: Sync labels
        uses: b4b4r07/github-labeler@master
        env:
          GITHUB_TOKEN: ${{ secrets.admin_token }}

簡単ではあるが説明を。

issue 発行をイベントトリガーとする

issue 発行GitHub Action 発火のイベント とするのが下記の部分。
.github/labels.yml で展開するラベル定義ファイルを指定している。

この部分を変更することで、任意のイベントをトリガーに設定することができる。
イベントについては以下を参照。

issue発行をGitHubActionのトリガーとする
on:
  issues:
    types: [opened]
    paths:
      - .github/labels.yml

GitHub Action で実行される処理

そして GitHub Acton 発火時に実行される処理が下記の部分。
こちらについては github-labeler のサンプルを流用した。
詳細はリンク先を参照されたい。

実行される処理
jobs:
  sync:
    name: Run
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - name: Checkout
        uses: actions/checkout@1.0.0
      - name: Sync labels
        uses: b4b4r07/github-labeler@master
        env:
          GITHUB_TOKEN: ${{ secrets.admin_token }}

ラベル管理用ファイル( labels.yml )

ラベルの定義、および展開したいリポジトリと設定したいラベルを設定
# ラベルの定義
labels:
  - name: "CS"
    description: "カスタマーサクセス"
    color: "d4c5f9"
  - name: "DEV"
    description: "開発"
    color: "bfe5bf"
  - name: "Document"
    description: "ドキュメント"
    color: "bfe5bf"
  - name: "Release"
    description: "リリース"
    color: "bfdadc"
  - name: "Hotfix"
    description: "不具合修正"
    color: "fef2c0"

# 展開対象のリポジトリと設定するラベル
repos:
  - name: ksh-fthr/test_workflow
    # labels で定義したラベルから設定する
    labels:
      - CS
      - DEV
      - Document
      - Release
      - Hotfix

  - name: ksh-fthr/FileUtilityTools
    # labels で定義したラベルから設定する
    labels:
      - CS
      - DEV
      - Document
      - Release
      - Hotfix

このファイルで定義された ラベル が、同じく設定されている リポジトリ に展開される。
こちらも詳細は github-labeler を参照されるのが良いが、以下に簡単な説明を。

ラベルの定義

見たままではあるが、labels をトップに

項目 説明 備考
name ラベルの名前
description ラベルの説明
color ラベルの色 16進数で表現

を設定している。
ここで設定した情報が 後述の issue 発行後 に載せたキャプチャのように表示される。

ラベルの定義(抜粋)
labels:
  - name: "CS"
    description: "カスタマーサクセス"
    color: "d4c5f9"
#
# 省略
#

展開対象のリポジトリと設定するラベル

repos をトップに

項目 説明 備考
name 展開したいリポジトリ
labels 指定したリポジトリに設定したラベル 上で定義しているラベルを子要素に指定する

を設定することで、 展開したいリポジトリ( 複数指定可能 )そのリポジトリに設定したいラベル を設定している。

リポジトリとラベルの設定(抜粋)
# 展開対象のリポジトリと設定するラベル
repos:
  - name: ksh-fthr/test_workflow
    # labels で定義したラベルから設定する
    labels:
      - CS
      - DEV
      - Document
      - Release
      - Hotfix
#
# 省略
#

実行してみる

今回は issue 発行時にラベルを別のリポジトリに登録したい。

issue 発行前後のラベルの状態

issue 発行前と発行後で 2つ のリポジトリに対してラベルが展開されていることを確認する。
対象のリポジトリは次の 2つ。

  • ksh-fthr/test_workflow
  • ksh-fthr/FileUtilityTools

issue 発行前

  • ksh-fthr/test_workflow

    • スクリーンショット 2020-09-19 18.55.47.png
  • ksh-fthr/FileUtilityTools

    • スクリーンショット 2020-09-19 18.56.57.png

issue 発行後

  • ksh-fthr/test_workflow

    • スクリーンショット 2020-09-19 18.55.59.png
  • ksh-fthr/FileUtilityTools

    • スクリーンショット 2020-09-19 18.59.55.png

GitHub Action を確認

スクリーンショット 2020-09-19 22.41.25.png

↑ から Sync labels のブロックを抜き出したのがこちら。
test_workflowFileUtilityTools の 2 つのリポジトリに対してラベルが展開されているのがわかる。

正常にラベルの展開が実行されたときのログ
Sync labels
labeler: 2020/09/19 09:53:36 delete "hoge" in ksh-fthr/test_workflow
Run b4b4r07/github-labeler@master
/usr/bin/docker run --name e3346c5edaf3b074147a293961cd9f86922a1_7b86f7 --label 9e3346 --workdir /github/workspace --rm -e GITHUB_TOKEN -e INPUT_CONFIG -e INPUT_IMPORT -e INPUT_DRYRUN -e HOME -e GITHUB_JOB -e GITHUB_REF -e GITHUB_SHA -e GITHUB_REPOSITORY -e GITHUB_REPOSITORY_OWNER -e GITHUB_RUN_ID -e GITHUB_RUN_NUMBER -e GITHUB_ACTOR -e GITHUB_WORKFLOW -e GITHUB_HEAD_REF -e GITHUB_BASE_REF -e GITHUB_EVENT_NAME -e GITHUB_SERVER_URL -e GITHUB_API_URL -e GITHUB_GRAPHQL_URL -e GITHUB_WORKSPACE -e GITHUB_ACTION -e GITHUB_EVENT_PATH -e GITHUB_PATH -e GITHUB_ENV -e RUNNER_OS -e RUNNER_TOOL_CACHE -e RUNNER_TEMP -e RUNNER_WORKSPACE -e ACTIONS_RUNTIME_URL -e ACTIONS_RUNTIME_TOKEN -e ACTIONS_CACHE_URL -e GITHUB_ACTIONS=true -e CI=true -v "/var/run/docker.sock":"/var/run/docker.sock" -v "/home/runner/work/_temp/_github_home":"/github/home" -v "/home/runner/work/_temp/_github_workflow":"/github/workflow" -v "/home/runner/work/_temp/_runner_file_commands":"/github/file_commands" -v "/home/runner/work/test_workflow/test_workflow":"/github/workspace" 9e3346:c5edaf3b074147a293961cd9f86922a1
labeler: 2020/09/19 09:53:35 create "CS" in ksh-fthr/test_workflow
labeler: 2020/09/19 09:53:35 create "CS" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:53:35 create "DEV" in ksh-fthr/test_workflow
labeler: 2020/09/19 09:53:35 create "DEV" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:53:35 create "Document" in ksh-fthr/test_workflow
labeler: 2020/09/19 09:53:36 create "Document" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:53:36 create "Release" in ksh-fthr/test_workflow
labeler: 2020/09/19 09:53:36 create "Release" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:53:36 create "Hotfix" in ksh-fthr/test_workflow
labeler: 2020/09/19 09:53:36 create "Hotfix" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:53:36 delete "hoge" in ksh-fthr/test_workflow

注意点

ラベル管理用ファイル( labels.yml ) で設定した内容が反映されるという点に留意しておくこと。

逆に言うと、共有対象のリポジトリですでに登録されているラベルも、 labels.yml に存在しなければ本フックで実行されたタイミングで削除される。

labels.ymlに定義されていないラベルが削除されているのがわかる
Sync labels
labeler: 2020/09/19 09:06:35 delete "レビュー待ち" in ksh-fthr/FileUtilityTools
Run b4b4r07/github-labeler@master
/usr/bin/docker run --name e33467193efd91f6f43e2968ecbb4116ba8d7_e802b5 --label 9e3346 --workdir /github/workspace --rm -e GITHUB_TOKEN -e INPUT_CONFIG -e INPUT_IMPORT -e INPUT_DRYRUN -e HOME -e GITHUB_JOB -e GITHUB_REF -e GITHUB_SHA -e GITHUB_REPOSITORY -e GITHUB_REPOSITORY_OWNER -e GITHUB_RUN_ID -e GITHUB_RUN_NUMBER -e GITHUB_ACTOR -e GITHUB_WORKFLOW -e GITHUB_HEAD_REF -e GITHUB_BASE_REF -e GITHUB_EVENT_NAME -e GITHUB_SERVER_URL -e GITHUB_API_URL -e GITHUB_GRAPHQL_URL -e GITHUB_WORKSPACE -e GITHUB_ACTION -e GITHUB_EVENT_PATH -e GITHUB_PATH -e GITHUB_ENV -e RUNNER_OS -e RUNNER_TOOL_CACHE -e RUNNER_TEMP -e RUNNER_WORKSPACE -e ACTIONS_RUNTIME_URL -e ACTIONS_RUNTIME_TOKEN -e ACTIONS_CACHE_URL -e GITHUB_ACTIONS=true -e CI=true -v "/var/run/docker.sock":"/var/run/docker.sock" -v "/home/runner/work/_temp/_github_home":"/github/home" -v "/home/runner/work/_temp/_github_workflow":"/github/workflow" -v "/home/runner/work/_temp/_runner_file_commands":"/github/file_commands" -v "/home/runner/work/test_workflow/test_workflow":"/github/workspace" 9e3346:7193efd91f6f43e2968ecbb4116ba8d7
labeler: 2020/09/19 09:06:33 create "CS" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:06:34 create "DEV" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:06:34 create "Document" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:06:34 create "Release" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:06:34 create "Hotfix" in ksh-fthr/FileUtilityTools
#
# labels.yml に定義されていないラベルは削除されている
labeler: 2020/09/19 09:06:35 delete "Ship it!" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:06:35 delete "WIP" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:06:35 delete "dependencies" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:06:35 delete "レビュー修正待ち" in ksh-fthr/FileUtilityTools
labeler: 2020/09/19 09:06:35 delete "レビュー待ち" in ksh-fthr/FileUtilityTools

ハマりどころ

事前準備 で扱っている Personal access tokens の作成 をしていても、 作成したトークンのリポジトリへの登録 を行っていないと 403 Resource not accessible by integration が発生する。

権限エラーが発生している
labeler: 2020/09/19 06:16:10 create "WIP" in ksh-fthr/FileUtilityTools
POST https://api.github.com/repos/ksh-fthr/FileUtilityTools/labels: 403 Resource not accessible by integration []

このあとやりたいこと

  • dry-run との併用
    • github-labeler を見るに dry-run の機能は提供されている
    • が、issue 発行時に dry-run フラグを たてる / たてない の制御ができるのかな

ソースコード

今回の記事で動作確認に使用したコードは下記にアップしております。
ご参考まで。

注意事項

本記事の公開にあわせて 作成したトークンのリポジトリへの登録 で登録した Secrets は削除しております。ご承知おきください。

参考

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?